スカウトを獲得するには

【就活】説明会に参加しなくても大丈夫なのか、就活コンサル目線で解説

rawpixel-701117-unsplash

就活に欠かせないイベントである説明会。先輩の話などで、「1日に2社入ってる」「100社くらい行った」等と聞くこともそう珍しくもないこの会社説明会ですが、1回ならまだしも回数が重なると意外にも体力が持っていかれるものです。徐々に思考が「説明会、サボりたい」という方向になってくると、説明会に行かないで就活をできないか考えてしまうかもしれません。この記事では、就活コンサルタントの目線から「説明会に行かない」という選択は可能なのか、また説明会に行くのならどのように活用できるかについて説明していきます。

そもそも説明会とは

federica-campanaro-27450-unsplash
説明会とは、字に書いてそのまま

 「企業が入社希望者に対して行う自社の説明会」 

のことを指します。

説明される内容に関しては基本的に大きな違いはなく、一定のフォーマットにのっとってそれぞれの会社の色を出していることがほとんどです。

説明会って、いかなくてもいい?

devin-justesen-575362-unsplash
上記のように説明会は基本的に一定のフォーマットにのっとった内容での情報しか得られません。『キミスカ』で行ったアンケートでも、説明会に関しては

  • 「webで分かる情報しか聞けない」
  • 「良いところばかりで悪い面は話してくれない」
等の否定的な意見がいくつか見られました。

しかし、だからと言って現状では参加しないことは大きくリスクであると言えるでしょう。その理由のひとつは、企業選考において、 説明会への参加が必須 になってしまっているところが多くあるからです。 

どうせ説明会で得られる情報

rawpixel-574844-unsplash
とはいえ、ただ行くだけとなってしまうと非常に勿体ありません。説明会といえど、数が重なると精神的にも肉体的にも負担になってきます。せっかく参加するのであれば、その機会を最大限活かしましょう。

説明会では今後の選考に生かすことのできる情報を多く入手することができます。説明会ではどのような情報が入手できるのか考えてみましょう。

自己紹介

説明会を行う司会が自己紹介などを行い、その中で、職歴や会社での役職等も話されます。ここでは主に志望する企業に属する目の前の社員がどのような人間なのかを大まかに把握することができます。

会社概要

その会社の設立までの経緯や、目指している姿やミッション、これからの展開等、その会社の根幹の部分をざっくりと知ることができます。

仕事内容や雰囲気

その会社ではどのような事業を行っていて、現状どのような仕事を行っているのか。また、今その会社は事業を進めていくうえでどのような人材を求めているのか等もここから知ることができます。

さらに、多くの場合社内の雰囲気やイベントの様子を紹介したりといったことも行います。

メッセージ

終盤には、社長や役員からのメッセージが直接ないしはビデオ等で紹介されることがあります。そこでは、改めてその会社の目指しているものや、そこに向けて必要なことが語られます。

質問タイム

質問タイムでは、今まで行った説明を踏まえて、何か自由に質問することができます。口述しますが、この時間は非常に大切に使うことを推奨します。

選考フローの説明

一通り終了すると、ここから先選考に進むうえでどのような流れをとっていくのかが説明されます。多くの場合そこから次の段階ではエントリーシートの提出をおこないますが、まれにそのままグループディスカッションを行うといった場合もあるので、必ず事前にチェックしておきましょう。

説明会の質問タイムでは主観にまつわる質問を!

samule-sun-471798-unsplash
説明会における不満で最も多いのが「web上で得られるような情報ばかり」や「良いところばかりで悪い面は話してくれない」といった情報の価値に対するものですが、それは 受動的な情報しか得ることができていないから にほかなりません。

説明会で話される受動的な情報は基本的にすべて”企業のフィルタ”を通された、どこに出ても問題にならない情報、いわゆる「web上で得られるような情報」しかありません。

そこで、活用すべきなのがこの『質問タイム』なのです。質問タイムを効果的に活用することで、どこにいっても得られないような企業の情報を能動的に得ることができます。

では、『質問タイム』にすべき質問とはどのようなものでしょうか。

ズバリ、質問タイムでは ”回答者の主観にまつわる質問” をするのが有効です。

というのも、社員の主観こそが最もネット上から入手しにくい情報だからです。例えば

  • 「個人的に一緒に働きたいと思うのはどのような人間か」
  • 「周囲ではどのような人が評価される傾向にあるか」
  • 「自らのどんなところが価値とみられて入社につなったのか」

等のような質問は、どのような人間像が会社に求められているのかを主観から探ることにつながりやすいものです。

また、ほかにも

  • 「現状社内環境で課題に感じていることなどあるか」

といった質問をすることで、会社の悪い点、課題点を聞き出すことにつながるでしょう。

説明会まとめ

説明会に行かないという選択はかなりリスキー。どうせ参加しなければならない説明会なら、これからの選考を有利に進められるよう最大限活用していきましょう。

企業が学生にスカウトを送る就活サービス『キミスカ』では、一次選考免除や裏口選考ルートへの紹介など、様々な優遇を企業から受けることができます。
 「選ぶ就活」だけではなく、「選ばれる就活」をはじめましょう。  blue 600 150

会員登録