自己PRは出だしが肝心!出だしを書くときのポイント5つ【自己PR作成方法付き】

就活における自己PRは採否を決めることもある非常に重要なものです。そんな自己PRですが、出だしが非常に肝心だということをご存じでしょうか。そこで、ここでは自己PRの出だしを書くときのポイントをご紹介します。自己PRの書き方についてもご紹介するので、初めて書くという方もぜひ参考にしてください。

自己PRは出だしが肝心!

始めよければ終わりよし、という言葉があるように、自己PRでも出だしがとても大切です。まずは企業の人事に興味を持ってもらう必要があるので、ぐっと引き付けるような書き出しを意識しましょう。

そもそも自己PRとは

企業への就職を求める者が、自身の強みや魅力をアピールするためのものが自己PRです。採用してもらうためには自分にはどのような強み、魅力があるかを知ってもらわなくてはなりません。自己PRとは、そのために行うものです。
自己PRとは
また、企業は就職のミスマッチを回避するため就職希望者をチェックしています。人柄や能力はもちろん、入社後に活躍できる人材かどうかをあなたのアピールから判断しようとしているのです。

自己PRも出だしが肝心な理由とは

書き出しがよければ人事の担当者はあなたに興味を持ちます。あなたという人物を知ってもらうためにアピールするわけですが、書き出しがよくないと興味さえ抱いてもらえない可能性があります。
人事の担当者は連日多くの方のPRを目にしています。そのため、ありきたりな内容だったり、誤字脱字が多かったりするとエントリーシートを読む気も失せてしまうでしょう。興味を引き、最後まで読んでもらうために書き出しが肝心なのです。

そもそも自分の自己PRがわからない人へ!

まずは自分の強みを知ることから始めましょう。強みや長所を知るためには、しっかりと自分を分析する必要もあります。これだけは誰にも負けない、これなら勝てるという武器を見つけられれば、それをアピールできます。
また、この記事では自己PRの作り方も紹介しています。きちんとステップに沿って進めば作れるようになっているので、ぜひチャレンジしてください。

自己PRの出だしを書くときの5つのポイント

すでに書き始めの重要性についてはお伝えしましたが、具体的にどうすればいいのかわからないという方もいるでしょう。そこで、ここでは出だしを書くときのポイントを5つピックアップしてみました。

自己PRの出だしを書くときのポイント①:自己PRの書き出しは結論から簡潔に

書き出しには、自分がもっとも伝えたいことを書きましょう。いろいろ書きたいことがたくさんある方もいるでしょうが、先頭に持ってくるのはあなたの強みや伝えたいことです。そうすることで人事の方は文章全体の内容を把握しやすくなります。
サークルなどの話から入ってしまう方もいますが、これだとどういうことが書かれているのかよくわかりません。最後まで読まれずに処分されてしまう可能性もあるので、基本は一番伝えたいことを書き始めに持ってきます。

自己PRの出だしを書くときのポイント②:語尾は言い切る

言い切りの語尾にすると説得力を増すことができます。言い切りでなれば自信がないと思われてしまうので注意が必要です。はっきりと言い切ることで自信のある人だと思われるので、曖昧な表現はやめましょう。
「〇〇だと考えています」や「○○のようです」「〇〇と思われます」などはどれも曖昧な表現です。自信のなさを露呈しているように見えてしまうので、自信を持ってきっぱりと言い切るようにしてください。

自己PRの出だしを書くときのポイント③:オリジナリティを持たせる

例えば、あなたの強みが行動力だとしましょう。この場合、「私の強みは行動力です」といった書き始めにしてしまうと、その他大勢の就活生とかぶってしまう可能性があるのです。これだと、とても人事の興味を引くことはできないでしょう。
その他大勢の中に埋もれないためにはオリジナリティを持たせることです。行動力が強みなら「私の強みは世界を広げられる行動力です」や「私の強みは世界を切り開く行動力です」のように変えるだけで人事の目に留まる可能性があります。

自己PRの出だしを書くときのポイント④:ネガティブなことは書かない

基本的にはポジティブなことを書くべきです。人によっては「〇〇は苦手ですが〇〇は得意です」のような書き方をしてしまう方がいますがこれは逆効果。わざわざネガティブなところをさらけ出してしまう必要はありません。
謙遜してネガティブなワードを織り交ぜる方もいますが、これもよくありません。人事からすると、そこまでうちの会社に入りたいわけではないのかな、と思われてしまう恐れがあります。ポジティブな書き出しにするのは基本で、さらにキャッチフレーズをつけると印象に残りやすくなります。

自己PRの出だしを書くときのポイント⑤:誇張はしない

誇張しすぎてしまうと、文章全体の整合性がとれなくなる可能性があります。こうなるとマイナスな印象を与えてしまうので、誇張はしないように気をつけてください。最初に主張したことが最後まで一貫しているような文章を心がけましょう。

ゼロから始める自己PRの作り方6ステップ

そもそも自己PRの作り方がわからない、という方は少なくありません。ここでは、6つのステップでできる自己PRの作り方をご紹介します。この通りに作っていけば必ず魅力的なPR文ができるでしょう。

①結論を先に述べる

最初に伝えるべきは結論です。自分の強み、武器となるものを始めに伝えることで、聞き手に伝わりやすくなります。必要のない前置きや余計なことを書かず、一番伝えたいことだけを言い切る形で書きましょう。

②エピソード概要

強みを述べたとしても、それだけでは説得力がありません。そこで、その強みを裏付けするようなエピソードの概要を伝えます。こうすれば具体性を持たせられるため、あなたの強みが真実であると伝えられるのです。

③立てた目標や直面した課題

どのような目標を立てたのか、またそれを達成するためにどのような行動を起こしたのかを伝えます。また、達成に向かうプロセスの中で直面した問題やトラブルなどについても伝えましょう。

④直面した課題の解決方法

自分が直面したトラブルや問題などに対し、どのように立ち向かったかを伝えましょう。どのような解決策をとったかを伝えることで、あなたの強みを引き立てられます。なるべく具体的に書きましょう。

⑤具体的にどんな結果が出たか

あなたが立てた目標に対し、最終的にどのような結果になったのかを伝えましょう。また、そのときの気づきや反省などがあるのなら、それも踏まえて記載するとなお好印象を与えられます。

⑥入社後にどのように活躍していきたいか

企業からするとここがもっとも知りたいところかもしれません。自分が武器と考えている強みをどのように活かしていきたいのか、どのように活かせるのかを伝えましょう。
大切なのは、企業があなたを採用したいと思えるような内容にすることです。企業はコストをかけて人材の採用をしているので、できるだけ会社に貢献してくれる人を採用したいと考えています。あなたを採用するとどんなメリットがあるのかを伝えることも大切なポイントになるでしょう。
これまでのような文章の流れを、PREP法といいます。PREP法とは、

  1. Point:要点
  2. Reason:理由
  3. Example:具体例
  4. Point:要点

の順序で伝えるのが有効であるとする手法です。自己PRの書き方を解説しているあらゆるメディアで「結論を最初に、具体例となるエピソードを書いてから最後にで意欲を伝える」といった旨の書き方を解説していますが、上記を見れば分かる通りこれはPREP法の応用的な構文になっているのです。このPREP法というのは、ビジネスに於いて最も効率的に自分の主張を相手に伝える手法として有名なものです。
このような構文はビジネスでも一般的に使われているもので、頭に入りやすい文章を簡単に作成することができます。必ずというわけではありませんが、よほどいいアイデアがない限りは基本的にこの形に最適化した自己PRを作成することをおすすめします。
自己PR_PREP法

自己PRの出だしを作成する際のまとめ

企業の人事担当は1日にたくさんの自己PRを目にしています。一つ一つ丁寧に見ている暇がないことも考えられ、出だしだけで判断している場合もあるでしょう。それを考えると、PRの書き出しは非常に重要といえます。出だしを見た瞬間に弾かれてしまわないよう、じっくりと時間をかけて人事の目に留まるようなPRを作成しましょう。

自己PRについて理解できたきみにおすすめのサービス

就活では、御存知の通り自己PRという形で自分を表現することが必要になってきます。そんなときに就活を10倍効率的にするのが『キミスカ」
偽らない就活
キミスカは、作った自己PRを登録しておくだけで、自分を魅力的に思った企業からスカウトが来る新しい就活です。企業に合わせて作った自己PRではなく、偽らない自分を表現することで、ありのままの自分を好きだと思ってくれる企業と出会うことができます。
自己PRするのに必要な長所や、自分に向いてる職業がわかる適性検査も無料でついているので、自分を見つめ直す機会として最適なツールです。また、キミスカはLINE@も行っていて、この記事のように就活生に役に立つ情報を絶賛配信中です。ありのままの自分を魅力的にする情報を受け取って、10年後振り返ってよかったと思える就活を実現しよう!
キミスカで偽らない就活をはじめる