学生インタビュー

内定者インタビュー・早稲田大学 小畑さん

こんにちは!
キミスカ運営局 桑野です。

今回は静岡に本社を構える看板メーカーに内定を決めた、早稲田大学 小畑さんにお話を伺いました。
IMG_8157
======================================================================
■小畑遥香さん
早稲田大学
文学部 文学科 4年
(2018年3月卒業)
株式会社創輝社に内定
======================================================================

小畑さんのこれまでについて教えてください!

中学、高校、大学とずっと美術とともに歩んできた人生でした。
もともと生まれも育ちも高知県で、大学受験の際に美術史を学べる今の学部を
選択しました。
高校までは、描くほうが専門でしたが、大学時代に美術作品の様式学や作者について学んだことで、より作品に対する接し方が奥が深いものになりました。
また、ブライダルの接客関連のアルバイトに4年間ずっと入っていて、
とても目まぐるしく大変なことも多いですが、今も楽しく取り組んでいます!

就職活動はいつごろから取り組みましたか?

大学3年生の3月1日きっかりに、スタートしました。
大きな合同説明会に参加したり大学から案内される説明会に参加したりなど、
様々に足を使って就職活動に取り組んでいました。

企業を様々調べて受験していくなかで、ご自身の心境の変化はありましたか?

3月に情報収集とエントリーを開始して、結局2ヶ月で50社くらい回ったんですね。
ただ・・その後の選考に進むかは、(正直ちょっとしっくりこないなぁ)と思い選考に進むのを辞退した企業もありました。

もともと好きだった美術関係の仕事に就きたい、と思っていたのが、「しっくりこない」原因だったんだと思います。

そこで、4月の終わりに、大学の友人に「さいきんどんな就活してる?」と尋ねてみたんです。その時、「キミスカ」の存在を知りました。

私は、キミスカのサイトも使っていましたが、どちらかというとキミスカのアドバイザーの方との面談メインで利用していました。

IMG_8128

面談の場では、どのようなお話をしましたか?

主に、就職活動の軸について詳しくお話をしました。
自分自身、固まっていない部分も大きく、アドバイザーの人に「それは何故なのか」と詳しく深掘りされて、どうやら自分自身「ものを発信したい」という思いを持っている、ということに気づき始めたんです。

なるほど。そのタイミングで、内定先の会社さんと出会われたんですね!

はい!
実際に行ってみた結果、やはり文字の情報よりも見えてくるものが違いました。
私自身も選考に足を運ぶごとに、「やりたいことができる場所はここではないか」と思い始めていたので、
選考に通過したときは本当に嬉しかったです!!

最終的に、創輝社に承諾しようと思った決め手は何だったのですか?

会社の人の雰囲気と、自分自身のやりたいことへの可能性、でしょうか。

代表の方も「不安なことはないですか?」と就活相談に乗ってくださるくらい、距離の近い方でしたし、社員の皆さんも本当に人の良いかたばかりで、自分が馴染めそうな感覚がありました。

また、内定先は看板広告がメイン事業なのですが、自分の考えていた「ものを発信したい」という軸にも近いものがありましたし、キャリアアップの可能性にも惹かれました。

本当におめでとうございます。

それでは最後に、これから就職活動に取り組む皆さんへ向けて、一言メッセージをお願いいたします!

就職活動は、自分で自分の枠を縮めずに、フィルターをかけずにいろんな業界・会社を見たほうが良いと思います!

また、就職活動の軸を決めることは大事ですが、
同時に、「本当にそうかな?」と思うことも大事。
そのためには、頼りになる先輩やキミスカの面談など、
一度自分を客観的に見つめる機会を設けることが大事かなと思います!

IMG_8209

ありがとうございました!小畑さんの今後のご活躍を期待しております!
======================================================================
★内定先情報★
株式会社創輝社
静岡に本社を構える創業54年の老舗企業。
「仕事を通じて輝きを創造できる企業」をモットーに広告看板や内装空間のトータルプロデュースを行っています。

アセット 2

======================================================================

会員登録