キャリア支援などと言った早期接触が一層激化する可能性?

就職活動の短期化を考える

周知のとおり、経団連は各会員企業の学生採用活動の自主ルールを定めた倫理憲章を見直し、大学生の就職活動の解禁を従来の大学3年生の12月から3月に繰り下げることを決定したことは記憶に新しいところです。
実際に2016年4月入社の採用から適用することとなり、2016年3月卒予定の大学生は、既に新しい日程での就職活動が始まっております。当初は大学4年生の4月からという案が有力だったようですが、春休みを就職活動に活用することができることから3月解禁に至ったものの、各方面からの異論や慎重論も多く、今後の展望や就活現場の動向を推し量るにはもうしばらくの時間が掛かりそうな雰囲気です。

スクリーニングが大切になる

学生生活の半分近くが就活期間になりかねない状況であるのは事実で、大学3年生の夏休みはインターン、秋口から年明けに掛けては既に学校に来れなくなる傾向にあります。インターネットによるエントリー応募が定着した昨今の就職活動では、各企業はある程度のスクリーニングが必須であり、企業が優秀な学生を採用するため幾度も選考を重ねるため就活期間が長期化するのは致し方ないところです。
とは言え、学生本来の学業に専念できる環境を整える大学の理念が損なわれるほか、学生ならでは経験や留学などの使うべき時間まで奪われてしまい、結果として優秀な学生を育てる環境が毀損されているとの指摘もあり、今後ますます優秀な学生を獲得するのが難しくなるとの声が多く聞かれます。


「新卒採用」でお困りの採用ご担当者様は、お気軽にご相談ください。
採用ご担当者様へ
採用人数に合わせてプランがございます。