企業インタビュー

ご利用企業様の声「ミニストップ株式会社」

1L8A9413-min

高橋さん(左):
ミニストップの縁の下の力持ち。社員の労務環境や給与管理をされ、現在は採用を担当。
浅田さん(右):
営業職として東京エリアで複数店舗の経営コンサルタントを担当。その後19卒から採用担当としてご活躍。

これまでの採用に感じていたことや課題はありますか?

今までの経験や知識を活かし、これからどのようなキャリアを築いていきたいかが大切です。「ミニストップ」と聞くだけで、仕事は「店舗勤務」、というイメージを抱く学生の方が多く、小売・流通業界を志望する学生の方と会う機会も多くあります。しかし、当社はフランチャイズチェーン本部であり、経営コンサルタント、オリジナル商品の開発業務、店舗開発など50部署以上にわたる様々な職種があります。
そのため小売・流通業界志望に限らず、ミニストップを通じてお客さまを笑顔にするため、オーナーさまをサポートする仕事の魅力を伝えられるよう、学生のみなさんにたくさん会いたいと思っています。

ダイレクトリクルーティングの導入を考えたきっかけは何ですか?

就活サイトに掲載し、待っているだけではお会いすることのできない学生とお会いすることができるからです。
コンビニ業界に興味を持っていない学生の方へもアプローチ次第で会える可能性を感じました。

実際にキミスカを使ってみて採用の変化はありましたか?

これまでは接客等に興味を持っている学生の方からの応募が多かったですが、志望業界は異なるもののマーケティングやプロモーション等に興味を持っている学生の方とお会いできるようになりました。
この点で採用の多様性が重要だと強く感じました。
また、ミニストップ店舗は国籍、年齢、性別を問わず、様々なお客さまが来店されます。そのためダイバーシティの推進が不可欠です。特に近年は女性社員の入社の強化をしております。ライフイベント等がある女性が働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

キミスカの学生に特徴はありますか?

特に感じた特徴は、「主体性」です。説明会では積極的な質問、グループワークでは意見を述べたり、率先してまとめる姿が見られます。

1L8A9449-min

選考時に工夫されていることはありますか?

選考のフローを20卒から見直しました。これまでは役員面談の前に個別面談を行うことで学生とのミスマッチや希望について確認する機会を設けていましたが、20卒は個別面談を役員面接の後に設けることにしました。まずはスピード感のある選考フローの環境を整えたいという思いがあり、実際に説明会から役員面談まで「最短3日」の選考フローが実現できました。学生のみなさんの忙しい就活の負荷を軽減することにつなげられたのではないかと考えています。一方、短い選考期間による学生の皆さんへの動機づけ、フォローの不足は課題としてありますので、面談を通じて個別に柔軟に対応しています。

採用をしていく中で感じていることはありますか?

就活生の動き始める時期によって傾向が違います。早期から動いている学生は学生時代に頑張ったことが、その人の成長や自信となって現れます。特に20卒は就職活動期が19卒と比較し早まったようです。
キミスカの学生は、学生時代に頑張っている内容をしっかり自分の言葉で表現できる方が多い印象です。

1L8A9433-min

御社にマッチする学生について教えてください。

入社後に、自発的・主体的に行動できる方が望ましいです。すぐに行動に移すことは難しいと思いますが、主体的に物事を考えられる学生の方がモチベーションを高く持ち続け、やりがいを感じながら働いてくれるのではないかと感じます。
能力でいうとコミュニケーション能力は重要ですね。ミニストップには様々な仕事がありますが、どの仕事も「人」と関わり合いながら進めていきます。

内定承諾の理由にはどんなものが多いですか?

コンビニ業界の中で、他社との差別化戦略に惹かれる学生が多いと感じます。「ミニストップ」でしかできない新事業やオリジナルの新商品の開発、それをチャレンジできる場所で働きたいと思う方が多いです。
また、先輩社員との交流会での雰囲気などを見て決めてくれる学生もいます。

キミスカをおすすめするならどんな企業ですか?

当社と同じような業界・企業イメージが強い企業にはおすすめしたいです。学生が持っている業界イメージと実際に企業が行っている事業や職種が学生のイメージと異なることが多いと思います。しかし、なかなか知ってもらえないのが現状です。キミスカを活用し、学生の方に志望していなかった業界・企業を実際に知っていただくことで良い意味でイメージが変わったり、可能性が広がります。お互いに良い縁になると思います。

学生へメッセージをお願いします。

就活は、不安だったり、大変なイメージが多いと思います。でも、そこをぜひ楽しんで欲しいと思います。まず一歩踏み出すことをして欲しいです。踏み出せば意外と楽しかったりします。当社はインターンシップで自己分析セミナーを行い、就活サポートをできるようなイベントを実施しています。そのようなイベント等も上手く活用して楽しく就活をして欲しいです。
また、就活が進んでいくと迷いも出てきます。その迷いを解決に導くのは「自己分析」です。就活をスタートするにあたって、自分のやりがいやモチベーションにつながることが何なのかをしっかりと認識していって欲しいと思います。

会員登録