自己分析

就活がうまく行かない?うまく行かない理由を徹底解説【理由3選】

就活うまくいかない

就活がうまく行かないと辛いものです。「就活うつ」という言葉が広く知れ渡っていることからも、就活そのものが与える精神的負担は軽いものではないことがわかります。しかし、なぜ就活が思うように行かないのでしょうか?

自分に能力がないから?
学歴のせい?
企業に見る目がないから?

どれも事実の一部かもしれませんが、全てではありません。この記事を読んで自分の就活がなぜうまく行かないのかを理解し、就活をいい方向に転換する一手を手に入れましょう。

就活がうまく行ってないからって手遅れなんかじゃない

まず就活がうまく行かなくて意気消沈しているあなたに伝えたいのですが、今就活がうまく行っていないからといって別に手遅れというわけではありません。特に最近は顕著ですが、売り手市場の影響からか上場企業でも内定辞退されることも増え、採用を終了できていないケースも多くあります。別に早期じゃないと良い就活ができないといったようなことは、最近の就活においては絶対ではありません。

確かに就活は辛い。でも辛いならやらなくてもいい。

とはいえ、就活がうまく言っていないと自分を否定されるような気分になったり、自分に自身が持てなくなったり、未来への不安感で押しつぶされそうになることもあるかもしれません。

でも、考えてみてほしいのですがその就活、「どうしてもやらなければいけないもの」なのでしょうか。

これについては大いに熟考してほしいと思っています。あなたの人生において就活は必要でしょうか?そもそも、就活とはあくまで手段に過ぎないものです。つまり、自分の人生の理想に対して”就活”がどれだけ有効な手段なのかを考えてほしいということです。例えば俳優として成功することが目的の人に就活は適した手段ではないでしょう。同様に、スキルを身につけることが目的という人も、場合によっては企業やフリーランスのほうが有効なこともあります。幸せな家庭で家族の信用と尊敬を得て、惜しまれながら息を引き取ることが目的の場合は就職するにあたっても長期的に見て必要なのが能力なのか一生いさせていくれる会社なのか考える必要があります。また、その会社の定義も自分の中で明確な理論のもと構築する必要があるでしょう。

自分がどんな人生を送りたいのか、これからどんな行動をしてどんな手段を取ればそんな人生を送れるのかを深く考えてみることは、一度じっくり時間をとって行ってみてほしいと思います。そして、就活が不要なら無理に苦しんでまでやる必要はないのです。だからこそ就活については、そこまで考えた結果自分にとって最適な手段が就活だったと確信た場合にしてくれればと願っています。おそすぎることはありません。

就活がうまく行かないの理由3選

さて、就活がうまく言ってないからには理由があります。その理由を考えることで、本当の解決策を練ることができます。まずはよくある就活がうまく行かない理由を3つから自分の就活を見直しましょう。

自分の目的を明確にできていない

まず、これが最も大きな理由の一つですが、就活を行うにあたって自分の目的を明確にできていないと、なかなか就活がうまく行かない傾向にあります。なぜなら、就活とは企業と学生とのマッチングだからです。企業には理念というものがあり、それに共感できる学生を探しているのです。共感とは、目的が合致することです。目的が合致することで、仕事に対するモチベーションが高まりポテンシャルが発揮されることを企業は期待しているのです。しかし、自分の働くことに対する目的が不透明だったり、企業とそれが合致していない場合は企業がポテンシャルを図ることができません。だからこそ自分が就活・就職に対して目的を明確にしておく必要があるのです。
もし現状就活を「しなきゃいけないものだから」と考えていたり、企業の選び方を「給料良さそうだから」などといったふわっとした理由で選んでいて目的を持てていないのであれば、まずは自分がどんな人生を送りたいのか考え、目的意識の伴った行動ができるようにしていきましょう。
tamarcus-brown-YWI8pZdcuAA-unsplash (1)

企業の選び方に問題がある

次に大きな理由の一つとして、企業の選び方に問題がある場合があります。企業を選ぶ上で重要なのは自分との相性です。就活は受験とは違って、内定の有無は必ずしも能力の上下とは限りません。就活の場合、企業は「離職率」について強く課題感を持っています。「自分の目的を明確にできていない」でも先述しましたが、自分の目的や価値観が明確になっていて、かつそれが企業の目的、価値観と合致している必要があります。

例えば選考において、傾向としてGW(グループワーク)・1次選考では最低限会社が求めている能力をが備わっているかを見ています。もちろんこの能力という点においても相性はあります。例えば営業が向いている人と事務が向いている人で素養が違うように、それぞれの職種に適した能力があり、そういった意味での能力を見ています。

一方で、最終面接に近づくほど「人間性」や「人格」「価値観」と言った部分が会社と相性がいいかを見られる傾向にあります。採用の現場でのあるあるですが、「めちゃめちゃいいけどウチじゃないよな・・・」という悩み文句が頻出します。これはその象徴とも言えるでしょう。自分がどんな人生を送りたいのかをしっかり考え、自分の価値観や目的を明確にしてそれに即した企業を選ぶことがとても大切なのです。

anthony-martino-6AtQNsjMoJo-unsplash (1)

自己分析に問題がある

自己分析に問題があることも少なくありません。自己分析において最も重要な自分の理解という根本を蔑ろにして「自己分析をする」という事自体が目的になってしまい、本質的に必要な自分の理解がおざなりになってしまっているケースを最近だと特に多く目にします。そのような付け焼き刃の自己分析だと、自分への理解が「理解したつもり」程度のものになってしまい、とても自分の理解からは程遠い状態になってしまいます。自己分析を行う上で、自分史やマインドマップなどの方法に囚われ、自分を理解したつもりになるのではなく、自分自身がどんな人生を送りたいのか、そのためにすべきことは何なのかを明確にするような自己分析を行っていましょう。

adeolu-eletu-unRkg2jH1j0-unsplash (1)

就活がうまく行かないのは必ずしも自分のせいとは限らない

就活がうまくいかない、そんな状況になると自分に自信が持てなくなったり、途方もない不安にかられることもあると思います。しかし、就活がうまくいかないのが必ずしも自分のせいであるとは限らないのです。というのも、就活はこれまで体験して来た受験やその他のイベントとは違い能力の優越ではなく企業との相性であったり自分について理解していなければならないという、学生時代に触れる機会の少ない全く新しい視点で物事を「考え」なければいけなくなるのです。それにも拘らずこの「考える」という行為に対して、重要性を訴えたり考え方をインプットするような機会がほとんど与えられません。そんな中で就活では「考える」ことが重要だと気づくのは簡単ではありません。

しかし、だからといって他責にしていても自分の人生は一向に良いものになりません。今必要なのは、自分には様々な選択肢があることを知ることです。

就活の方法は一つじゃない

就活の方法は一つだけではありません。OB訪問だって、自校のOBでないと会えないというわけではありません。ナビサイトを使わない就活もあります。その人その人で自分にあった就活をすることができるということを、まずは知ってほしいと思います。本記事では、その中でもおすすめしたいスカウト型の就活と、無料の適性検査について紹介していきます。

キミスカで相性の良い企業にスカウトされよう

スカウト型の就活とは、従来の企業に自分からアプローチする就活とは逆で、自分に対して企業からアプローチしてくる就活になります。この形によって何が実現されるのか説明しましょう。

まず、企業にこちらからアプローチする際には無意識レベルで自分を企業に合わせがちです。企業に気に入られるように自分を偽ってしまい、ありのままの自分をだせずに「嘘つき大会」だなんて揶揄されるような状況になってしまっています。しかし、満足度の高い就職には企業との相性が不可欠です。

スカウト型で代表的なサイトである『キミスカ』では、作った自己PRを登録しておくだけで、自分を魅力的に思った企業からスカウトが来る新しい就活です。企業に合わせて作った自己PRではなく、偽らない自分を表現することで、ありのままの自分を好きだと思ってくれる企業と出会うことができます。どこかの企業に気に入られるための内容ではなく、自分が見せたい姿を登録することではじまる就活。それも、プロフィールを登録したらあとは待つだけです。

就活は何をするのにも時間がかかります。そんな中で、自分と相性の良い企業からバックグラウンドでスカウトされることで、就活を一歩リードできます。

『偽らない就活を。キミスカ』
偽らない就活

話題の適性検査で自己分析を強化しよう

また、キミスカには他にもTwitterやYouTubeで話題の適性検査もあります。

Twitter就活界隈で話題のキミスカ適性検査で就活が捗るという話
Twitter就活界隈で話題のキミスカ適性検査で自己分析が捗るという話

150問の選択式の質問に答えていくだけであなたの強み、意欲・価値観の傾向、職務適性までもが点数としてわかる適性検査があります。
人物像についてのコメントや折れ線グラフで可視化されるので、

  • 自分の特徴は何か?
  • どんなところを気を付ければ良いか

を客観的に見ることができます。

良くも悪くも完全な客観データが結果として現れますが、それを100%真に受ける必要はありません。強そうに見えていた人が実は弱かったりするように、弱い自分がいても心持ち次第で強くなることはできます。『ガタカ』という映画では、データからでてくるものはデータに過ぎず、自分の可能性は自分で決めるという強いメッセージを発信していました。同様に、自分の人生を決めるのは自分なので、あくまで適性検査も参考程度にとどめて改めて自分を理解する機会として利用しましょう。(ガタカは悩んでる時期にとてもおすすめです。)

⇒適性検査を受検する

自己分析ツール『適性検査』の受験方法

適性検査手順
キミスカに登録後、自己PRと画像を登録します。その後、画像のような流れで適性検査受験画面にアクセスすると適性検査を受けられます。

⇒適性検査を受検する

目的を持って、手段を考えることが大事

とにかく、就活に限らず人生においてとても重要なことは「目的を持って行動すること」です。上記のようなサービスに登録するときも、自分がそのサービスをどういう目的で利用するのか・そのためにはどんな使い方をすればいいのか自分の中に定めて利用していきましょう。

また、自分について理解するであったり、自分の目的を考えることについては以下の記事で詳細にその方法や重要性について解説しています。こちらも読むと、改めて具体的に自分がどのような人生を送ってきたいのか、就活とどう関わっていくべきなのかが高い解像度で見えるようになると思います。

自己分析って必要?誰も教えてくれない本当の自己分析【逆算型】
自己分析

キミスカには「ありのままの自分を好き」だといってくれる企業がたくさんいます。自分の弱い部分と強い部分をしっかり理解した上で、それをありのままに偽らずにプロフィール上で表現してみてください。

就活では、盛ったガクチカや自己PRによって偽った自分を企業に伝えたり、企業も良いところしか語らなかったりという形で就活生に偽り、一部からは「嘘つき大会」だなんて揶揄されるような状況になっています。

しかし、キミスカはこの状況を改善したいと思っています。
高い就職率に反する低い就職満足度。これは相互にありのままでぶつかれていないことから起こるミスマッチです。せめてキミスカでは企業も学生も偽らず、お互いにありのままでいてほしい。

ここからキミスカと偽らない就活を始めてみませんか?

偽らない就活

会員登録