自己PR

面接で短所を聞かれたら、『人見知り』と素直に答えるべき?【自己PRに活かすコツ】

面接_短所_人見知り

「面接で短所を聞かれたら素直に人見知りと答えるべき?」このような心配をされるのは無理もないことでしょう。自分が評価される場で、わざわざ弱点をおおっぴらにしたいと思う人はなかなかいません。悪いところはできるだけ隠そうとするものです。
しかし、面接では短所を聞かれることもあります。しかも、このような質問は評価に大きな影響を及ぼすのです。いざそうした質問が来た時、あなたは素直に「人見知りである」と答えますか?

なぜ企業は短所を知りたいのか

面接で短所を聞かれることは想定できても、「何て答えるのが正解……?」と悩んでしまう人は少なくないと思います。そんな時は、「なぜ、企業はそれを知りたいのだろう。」と理由を考えればいいのです。この質問を通じて、いったい企業が何を知ろうとしているのか、それさえ明白になれば、何と答えるべきなのかがわかってきます。

自らを冷静に客観視できているのか

結論からいうと、企業が面接者の弱点を知ろうとする理由は、「自らを客観的に観ることができているのか」ということを見極めたいからです。悪いところを知ることよりも、自覚できているかどうかが注目されています。
冷静に自らを客観視できる力は、社会人として仕事を進めていくうえで重要です。顧客との関わりや職場の人間関係を構築する場合にも役立つスキルです。

短所を自覚したうえでの向き合い方

大切なのは、「しっかりと自覚したうえで、改善に向けて前向きな取り組みができているか」ということです。そのために具体的な行動を起こし、実際に改善するところまで達成しているのであれば、マイナスではなくプラスの情報としてアピールできます。
つまり、この手の質問が出た時は、アピールの絶好の機会なのです。怖がるどころか自己アピールタイムと考えて、与えられたチャンスを最大限に活かしましょう。

会社にとって致命的ではないか

短所は、どんな人にでもあります。けれども、企業に損害を与えるような致命的なものであれば、いくら改善を目指すポジティブな姿勢をアピールしてもマイナス情報にしかなりません。企業は面接の際に、リスクマネジメントの観点からも就活生をチェックしています。企業に損害を与える可能性があれば、面接では不利にはたらいてしまいます。
エピソードについては、常識の範囲内であることや、企業に損害が出るようなものではないことに十分留意しましょう。

短所「人見知り」の伝え方の注意点

企業の質問の真意は、面接者の悪いところを知ることではありません。自らの弱点を自覚した後どうしたのか、どんな努力をおこない、どんな風に改善できたのかという話が聞きたいのです。面接官がわかりやすいように、具体的なエピソードを交えて話すようにすると理解されやすくなります。

ネガティブになりすぎない

短所はコンプレックスに直結している場合も多いため、ついついネガティブになりがちです。とはいえ、面接という場において繰り出されるこの手の質問は、面接者の弱い部分がどこなのかを聞いているわけではない、ということを忘れないでください。べつに、自らの悪いところを伝えるための回答をしなくても良いのです。
「自分の短所を、短所として捉えられている=自己客観視ができていること」と、「改善に向けての行動力が備わっていること」を伝えるのが重要なカギとなります。

短所の書き方

それでは、この手の質問に対して上手く答えられるようにする方法を紹介します。必ずしも下記の通りにする必要はありませんが、基本の形として知っておいてください。
面接を受ける会社のタイプによっても、好まれる傾向が異なりますので、自分なりにアレンジを加えても良いでしょう。

STEP1 結論

まずは結論から述べること。短所を聞かれたのですから、最初に「人見知りです」と答えをはっきり言い切ることがポイントです。
ついつい回りくどく、言い訳から先に述べてしまいたくなる心情をグッとこらえ、相手の立場に立って「わかりやすく話す・書く」ことを心がけます。
先に結論を述べると、相手は「これから人見知りについての話を聞けるのだな」と理解したうえで面接者の話に臨むので、内容も伝わりやすくなります。

STEP2 具体的な経験

「なぜ、自分が人見知りであると感じたのか」という理由を明かす際には、実際の経験をできるだけ具体的に伝えましょう。
エピソードトークをすることで相手が話にグッと入り込めます。その中で、問題が起きた原因などを掘り下げると、より客観的に自分のことを捉えられているとアピールできます。

STEP3 克服方法

さらに、エピソードトークに出てきた具体的な問題の克服に向けて、具体的にどんな行動をとったのかを知ってもらいます。
改善するためにどのような行動をとったのか、その時に得た経験や、実際にどのような変化があったのか、という話をストーリー立てて伝えるようにします。
克服するために「自分の悪いところと真摯に向き合って、改善に向けて行動を起こした」という部分が重要です。その点を強調することで、「長所のアピールタイム」に変えてしまいましょう。

短所を伝えるのはマイナスなことではない

お伝えしてきたように、企業が面接でこの手の質問をする理由は、悪いところを全て克服して欠点をなくすことを求めているからではありません。自らの弱点を自覚し、冷静に分析し、改善策を探したかどうかが重要なのです。伝え方次第で、長所に変換してアピールできます。

短所も一つの武器である

短所と長所は、常に背中合わせ。弱点のない人はいません。例えば人見知りも、見方を変えると「相手を立てられる」「でしゃばらず控えめで礼儀正しい」といった魅力の裏返しともいえます。
自分の弱い部分にまつわる考え方や対処の仕方を知らせることは、企業に自分を理解してもらえる絶好のチャンスです。自分はどんな人間なのか、そして血の通った人間味あふれる温かい部分があることをアピールできます。
また、「弱点を克服した」といったエピソードは、今後の仕事でつまずくような出来事があった時に活かせるスキルがあることのアピールにもなります。
この手の質問が出た時は、打たれ弱い人間ではないこと、一度転んだら転びっぱなしの人間ではないことなどをはじめ、人間力を示せる絶好のチャンスといえるのです。

人事に評価されるガクチカ例のまとめ

まとめ
『ガクチカ』において、重要なのは課題解決における思考回路をしっかりアピールすることだとお伝えしましたが、これは『ガクチカ』に限らず就活全般に言えることです。エントリーシートやグループディスカッション、面接。就活では様々な形で自分が見られますが、企業が見ようとしているものは大きく変わりません。それは、 「あなたがどのような人で、会社で活躍してくれそうか」 というものです。

企業があなたの人間性、つまり個性を見ようとしている以上、 「自分はこのような人間だ。」と思考を積極的に伝える ことが本当にマッチする就活につながるのです。

しかし、「自分はこういう人間だ」とアピールしていくには、それを理解している必要があります。自分の理解とは意外に難しいものです。

 そんな時は第三者の意見も拾ってみましょう。 客観的視点からのコメントは大きなヒントになることがあります。しかし、あくまで自分のこと。外の意見は第3者の一つの意見として、鵜呑みにしすぎない程度に吸収し、そのうえで 自ら思考して結論を出しましょう。 

客観的意見を取り入れるためのツールとして最もおすすめなのは友人や先輩、家族ではありますが、こちらの適性検査も大きく役立ちます。

Twitter就活界隈で話題のキミスカ適性検査で自己分析が捗るという話
Twitter就活界隈で話題のキミスカ適性検査で自己分析が捗るという話

適性検査の口コミは、ツイッター上にもたくさんあるので、その一部を紹介します。

一応以下のような指摘もありました。

こちらは2018年の2月にエラーが発生していましたが、現在は正常に診断できます。

⇒適性検査を受検する

ガクチカができたきみにおすすめのサービス

ガクチカがある程度固まってくると、自己PRという形で自分を表現することができるようになっているはずです。そんなときに就活を10倍効率的にするのが『キミスカ」

キミスカトップページ

キミスカは、作った自己PRを登録しておくだけで、自分を魅力的に思った企業からスカウトが来る新しい就活です。企業に合わせて作った自己PRではなく、偽らない自分を表現することで、ありのままの自分を好きだと思ってくれる企業と出会うことができます。

先述した、自己分析に役立つ適性検査も無料でついているので、自分を見つめ直す機会として最適なツールです。また、キミスカはLINE@も行っていて、この記事のように就活生に役に立つ情報を絶賛配信中です。ありのままの自分を魅力的にする情報を受け取って、10年後振り返ってよかったと思える就活を実現しよう!

キミスカで偽らない就活をはじめる
会員登録