面接で困る質問「弊社を志望する理由は何ですか」

就職面接で必ずと言っていいほど聞かれる質問、それは志望動機を問う質問です。
一見簡単なようで、その会社への会社研究が足りないと、ありきたりで非常に印象の薄い回答になってしまいます。
特にこの質問は、他の学生と答えがかぶる可能性大。あまりにありきたりな理由だけしか用意していないと、集団面接で自分の順番が回ってくるころには全部言われて困ってしまうこともあります。
必ず聞かれる質問ほど、自分のオリジナルティを加えるくらいの余裕をもって考えておきましょう。

面接官の意図

この質問で面接官が知りたいことは、その学生の自社に対する熱意と志望度です。
しかし、ただ「この会社に入りたいです」と熱意だけ訴えられても、企業は困ります。その学生がなぜこの業界を選んだのか、この業界の中でもなぜ自社に入社したいのか、入社後のビジョンなど、それらに説得力のある回答が返ってきたときに、「志望度が高い学生」として、採用対象になることができます。
また、その人が社会に出て成し遂げたいことと、会社の方向性が一致していることも重要です。なぜなら、しっかり二つの方向性がマッチしていれば、入社後もモチベーションを高く持ち、長く働いてくれる期待が持てるからです。

埋没しない回答

志望動機を応える際に、企業のパンフレットやホームページに書かれていることを棒読みしても、全く熱意が伝わりません。
なぜこの業界に就職したいのか、なぜこの会社でなければいけないのか、どういう部分が自分のビジョンとマッチしているのかなど、志望理由をどんどん深堀しましょう。
特に、自分の経験に基づいたエピソードを志望した理由に加えると、説得力がぐっと増すので参考にしてみてください。