お役立ちコラム

【はじめての就活】 受付から入室までの流れ

 

1.いざ会場へ!

さて、いよいよ今日は面接!
初めての面接だと不安な点がたくさんありますよね。
今回は、面接が初めての方に向けて「受付~入室までの流れ」をご紹介します。
順を追って説明するので、イメトレで企業に訪れたことを想像してみるといいかもしれません。

1-1.会場には〇分前に着くのがベスト!

面接会場へは遅くとも10~15分前に到着しましょう。
早く着きすぎると企業側に迷惑がかかるので注意してください。
会場に着いたら、玄関口に入る前にコートを脱ぎましょう。裏側を外に向けて綺麗にたたみ、片手にかけて持ちましょう。

1-2.受付に行く前に!最終確認をしよう

会場に入ったら、受付を済ませるのですが・・・受付から面接は始まっています。
ですので、受付に行く前に最終確認をしましょう。
身だしなみは大丈夫ですか?
スーツにゴミはついてないか、靴の汚れ、髪の乱れなど念入りにチェックしましょう。
女性の場合、歩いてるとスカートの位置がズレてしまっていることがあるので正しい位置にあるか、タイツは伝染していないか念入りに確認しましょう。
男性は、ネクタイの曲がりがないか見てみましょう!
 

2.受付に到着

次は受付です。受付は電話のパターンと受付担当者がいる場合が想定されます。

2-1.内線電話をかける場合

受付に電話が置いてある場合は、内線電話をかけて担当者を呼び出します。「こんにちは!○○大学△△学部の就活一郎と申します。本日は新卒採用の一次面接に伺いました。よろしくお願いいたします」と伝えましょう。

2-2.受付担当者がいた場合

受付担当者がいる場合は、直接挨拶しましょう。その際、受付の人に見られている意識を忘れず、笑顔を心掛けましょう。
 

3.待合室にて待機

受付が終わると、待機室に案内されます。待機室では静かにしておきましょう。この時間は、面接前の最終確認ができます。履歴書を出して内容を確認したり、志望動機や自己PRなどを見直したり、最終調整の時間に当てましょう。
 

4.入室の流れ

面接は個人面接のときもあれば、団体面接のときもあります。それぞれのパターンを見ておきましょう。

4-1.個人の場合

面接室に案内されたら、ドアを3回ノックして、中から「どうぞ」と言われたら「失礼します」と言ってドアを開けます。(ドアを2回ノックするのはお手洗いの時です。基本的なマナーは押さえておきましょう。)
部屋の中に入ったら、ドアの方に向き直って、静かにドアを閉めましょう。その後、担当者の方を向いて一礼し、椅子の横に立って挨拶をします。

4-2.団体入室の場合

団体の場合は、先頭者が代表してドアをノックして入室します。真ん中の人たちはノックは不必要ですが、入室前に一礼して入りましょう。最後尾の人は、挨拶して部屋の中に入ったら、ドアの方に向き直って、静かにドアを閉めましょう。
座る席に関しては、面接官が指示してくれると思いますが、入室した順に奥へ入っていきましょう。全員が椅子の前に立ち、面接官が「おかけください」というまでは、横で立って待機しています。
 

5.まとめ

受付から入室まで簡単にご紹介しました。最初は緊張するかと思いますが、面接を何回か経験すれば慣れてくると思います。しかし、面接が終わり会場をでるまでは気を抜かずにいましょう。ぜひこちらの記事を参考にして面接に挑んでください!!

会員登録