お役立ちコラム

【はじめての就活】5分前行動厳守!

「遅刻」はご法度!

今日は第一希望の会社の大事な面接。あなたは何時に会社に着くように出発しますか?
「あんまり早く着いても居場所もないし、面接が始まる5分前に会社に着けばいいかな。」
「到着が早い方がやる気をアピールできるし、30分前には受付を済まそう。」
なんて、考えていませんか?

就活において、もちろん遅刻はご法度!

面接に遅刻した場合、集団面接であれば参加できず門前払いされてしまう可能性もあります。
5分前に到着するつもりでも、思わぬ交通機関の乱れなどで大幅に遅れることもあります。
時間には十分に余裕も持ちましょう。
とはいっても、あまりに早く受付を済ましても、企業側の準備が整っていない場合もあります。
いったい何分前に面接会場に着くのが正解なのでしょうか?
正解は5分前以上で早めにつく。注意したいのは、会社に着くのが5分前でいいということではありません!会社には余裕をもって15~30分前に着くようにしましょう。早めに会場に着いたら、トイレに行って身だしなみを整えたり、面接準備の復習などをして、精神的にリラックスして面接に備えるのがベスト。

約束時間の5~10分前になったら、受付を済ませましょう。

早すぎる到着は迷惑!?

「遅刻が心配だから」「やる気が伝わるから」と思って、面接会場にあまりに早く到着するのは、あなたの勘違いかも。
企業の採用担当者からすると迷惑な場合もあります。
予想外の時間に来社されても、面接会場が使用中で使えなかったり、お昼ご飯の休憩中で不在だったりすることもあります。

特に中小企業などで、採用担当者が少数しかいない場合、大きな負担になりかねません。
いくら大事な面接だからといっても、一番大事なのは「相手を配慮する姿勢」を持つことです。
まずは、相手の立場に立って物事を考えてみましょうね。

会員登録