皆が皆、準備万端じゃない

自分はこれがやりたいという明確なビジョンが見えてから就活の時期を迎える人もいれば、まだ何をやりたいのか決まっていないまま就活の時期を迎える人もたくさんいると思います。
前者の人はやりたいことが自然と決まってきますが、後者の人はきっと焦りも感じているはずです。でも、焦っても決まらないものは決まらないし、一生の問題だと慎重になり、迷えば迷うほど迷宮へと入りこんでしまいがちです。

興味をひかれるポイントはなんでも良い

決まらないときは、焦っても仕方ないので、とにかく就職情報誌やインターネットなどを利用して、求人のある会社の情報を片っ端から見てみましょう。そしてその中から、休日の多い会社とか、お給料の多い会社、または福利厚生の充実している会社、はたまたイベントがたくさんある会社など、自分がいいなと思える、少しでも興味をもてる会社にとりあえずぶつかってみるといいです。
どこに運命の会社との出会いが待っているかわからないのです。先が全く見えなくて、自分は本当に就職できるのだろうかと不安にかられる時もあります。でもどの人にも自分の運命の会社がどこかにあって、履歴書が送られてくることを待っているのです。
迷いすぎて行動に移せないなら、いったん迷いを捨てて行動してみましょう。

肝心なのは会社との相性

やりたいことを決めて希望通りの会社に就職しても、希望とは違う部署に配属されることも珍しくありません。大事なのは、やりたいこととは違ってるけどこの会社は気に入ってるからがんばってみよう、と思える会社かどうかだと思います。自分のやりたいことが決まらないからと言って焦りすぎる必要はないのです。
相性の良い、居心地の良い会社に入ってから、その中で自分のやりたいこと、やれることを見つけたっていいのです。その会社を見つけるのが難しいという人もいるかもしれませんが、必ずどこかで運命の会社が自分を待っていると信じて、アンテナを立て、ピンときた会社にはここかもしれないとラブコールを送ってみるのが良いと思います。