お役立ちコラム

就活をみくびっていた僕が、4月から死ぬ気で就活した結果 6月末に就活終了した話

こんにちは!
キミスカ運営局 福澤あすかです。
今回は、この6月末に大手ITグループに内定を決めたSさん(男性)にお話を伺いました。
Sさんは法人営業職として、2018年4月から入社されます。

wing-221526_1920

~学生時代と就活~

Sさんは大学時代にどんなことを頑張ってきたのですか?

地元のサッカーチームのコーチを頑張ってきました。
小さいころからずっとサッカー一筋で取り組んできたのですが、
大学生になりお返しの意味も込めて小学生のチームのコーチを務めていました。
多くの子どもたちと関わるなかで、日々感じる子供たちの成長、
そして自分自身の成長は、自分にとって非常にやりがいの大きな仕事だなと感じるようになりました。

soccer

勉強は・・・そこそこ、がんばっていました(笑)

専攻は外国語ということもあり、多くの外国人とコミュニケーションとる事が多かったです。
それも、就活で「営業職」を見始めたきっかけかもしれません。

就活はいつごろからスタートさせましたか?

実は、割と遅めの大学3年生の3月に開始しました。
周りの友人はサマーインターンシップなどに足しげく通っていたみたいなのですが、
正直、自分に自信がありましたし、自己流で開始しました。
今思うと、無謀すぎますね。(笑)

office-594132_1280

始めた当初はどのように就活してたんですか?

大手ナビサイト1本で、知っている大手企業から順番にエントリーしました
当然ながら、食品メーカーや、日用品メーカーなど多くはBtoC企業。
3月に15社くらいエントリーして、書類選考やES選考に提出したところ、4月になんと、2社しか残りませんでした。
焦りはあまりなかったのですが、正直、2社しか手元に残らなかった不安感、
本当に自分とマッチしている企業なのか疑問があり、それを払しょくするために行動しなければと思いました。

博多駅

4月後半からはどのように活動したのですか?

大きく2つあって、
一つは、大学のキャリアセンターや先輩、就活のエージェントの方など
関われる大人全ての人をいい意味で「頼る」こと。
その結果、キャリアセンターの非常に頼りになる方と出会えて
自己PRの添削、志望理由の作り方、面接での心構えなど、ゼロから取り組むことができました。
もう、何度ダメ出しされたかわかりません。
というより、むしろ「ダメ出しされに行った」というほうが正しいかもしれません(笑)

もう一つは・・?

もう一つはというと、できるだけ自分に合った企業を知る入り口を増やすために、
キミスカのプロフィールを更新して、可能性を一つでも増やせるように登録をし直しました。

正直、キミスカを使い始めたときは半信半疑だったのですが(笑)
プロフィールを更新すればするほど、企業に見つけてもらいやすいサイトだったので、
写真は何度か変えて試してみました。
予想以上にスカウトは受信していたと思います。

ポジティブ

就職観が変わった、と思えたと思えた瞬間は?

そうして、以前よりも本質的な意味で【自己分析】や【企業研究】に取り組むようになってから、
当初志望していたBtoCの企業よりも、それを支える人やインフラを仕事にするような
BtoBの企業のほうに興味が出てきました。
自分自身、子どもたちにサッカーを教えるなかで、すぐに結果につながったり、
子どもたちが日々成長している姿を見ると、自分ももっとこの子たちを見守っていきたい、
一緒に大きなゴールを長期的に目指したい!と思えるようになりました。

そこからITの企業に決めようと思った決め手は何だったのですか。

企業にとってなくてはならないライフライン、IT。
それを広範囲にわたって支えることができる事業領域を中心に就職活動を行っていました。
企業のことを知ったのは、キミスカでスカウトを受け取ったことがきっかけです。
スカウトもらった時点で、「この企業いいな」と直感的に思いました。
説明会でも、現場社員の方のいきいきした表情や雰囲気を見て、僕自身非常に志望度が上がりました。

キミスカを使って良かったと思うことは何ですか

自分自身のプロフィールをしっかりと読み込んでスカウトを送ってくる企業が多かったです。
自分の経験は、他の人が行ってきた経験とは少し違う視点からものごとを考えるのが好きなんですが、
まさにそれだと思いました。

また、地方大学出身ということもあり、情報収集には割と困っていたほうだったのですが、
キミスカの担当の方とも面接対策、志望理由対策を行って頂いたことで、
より伝わりやすい志望動機、面接ができたと思います。

flower

最後に就活生に対してメッセージ゙をお願いします。

自分自身も学生ながら、発言させて頂くと、
学生が考えることは、本当に学生止まりだなと痛感した就職活動だったように思います。
だからこそ、行動して、振り返って、行動修正して、また行動する、これがとても大事だと思います。

ついつい、就活中は、一人で考え込んで失敗したり、
ダメな方向に突き進んでどうしようもなくなってしまったり、
意味もなく孤独感に苛まれてしまったりすることもあると思いますが、
本当に時間も体力ももったいないと思います。

限られた時間だからこそ、
就活のことをよく知っている企業の人、社会人、キャリアセンターのカウンセラーなど、
いろんな人に相談して、ダメ出しを沢山もらって、一個一個成長していくしか僕はわかりませんでした。

僕自身、就活当初は内定先のことも知りませんでした。
でも、動いた結果、自分とマッチする企業を見つけることができました。

自分に納得がいく就活ができれば、就活に正解はありません。
行動し続けて、本当に納得のいく内定先を見つけてほしいです!!

本日は大変お忙しいところありがとうございました。
Sさんの来年からのご活躍を期待しております!

会員登録