ちょっとしたほころびがもとで総崩れしないためにも

就職情報サイトなどでは「面接に馴れるために面接練習用の企業を受けろ」というような風潮がありますが、練習のために時間を割かれる企業側の負担はもちろん、変にこなれた感じを全面に出すぎてしまうと、誠実さが感じられない、口先だけで答えていると捉えられてしまうことにもなりかねません。
面接の場で頭が真っ白になってしまい、上手く伝えられなくなることは往々にありますが、何かの質問で返答がつまずいたとしても、それが大きなマイナスになるようなことはありません。事前にある程度準備しておけば何ら迷いなく答えられる部分ですが、何か秘めたことがあったり、嘘があったりすると途端に主張に一貫性がなくなったり、話した内容に対して突っ込まれたりして自滅するパターンも往々にあります。
人事責任者面接や役員面接などの最終選考では、マシーンのような受け答えは一切通用しないと考えておくことがベターです。このクラスでは、年間数百人と面談することが仕事でもありますから、すぐにわかってしまうのです。昨今の企業傾向として、単なるマシーンのようなイエスマンでなく「想像以上の活躍を期待している」ふしもありますので、自然のまま、自分の軸を持つことが大切です。
そうすることで、考え方、発言も自然と一貫性が持てるようになります。