お役立ちコラム

【18卒】業界研究が初めての人に教えてあげたいちょっとしたこと第1弾

 

こんにちは!

キミスカ運営事務局です(^^)

今回は、≪業界研究≫についてのコラムです。

業界研究って結構耳にすると思うのですが、実際いざやるとなると、きっかけがなかったりどうやっていいのかわからなかったり・・・難しいですよね!

そんなお悩みをお持ちな皆さまには、ぜひこのコラムを読んで頂きたいです(^^)

業界研究ってなんでしなければいけないの??と疑問をお持ちの方はぜひコチラを読んでみてください☆

 


1,業界研究のやり方って?       ←今回はコレ
2,自分のやりたいことがあいまいな人  ←今回はコレ
3,ある程度やりたいことが見えている人
4,見落としがちなポイント


1,業界研究のやり方って?

「さあ業界研究だ!」と言ってとりかかろうとしても、「あれ?どうやってやったらいいんだろう・・・」「業界研究ってなんだろう・・・」と思う人は少なくないと思います。

いざ取り組もうと思っても、業界研究という枠組みが大きすぎて何から手を付ければいいのかわかりませんよね。

「業界研究のやり方」と調べてみても実にたくさんの記事が出てきてしまい、どれを実践しようか迷ってしまったり自分に合ったやり方で出来なかったりする問題が生じてしまいます。

そんな時は、まず≪自分が興味のある仕事があるのかないのかを考えてみる≫ことをオススメします。

自分はどんな仕事をしているんだろう(人に直接ありがとうって言われる仕事?パソコンに向かって人のために開発をする仕事?などなど)と考えてみて、パっと浮かんだものはありますか??

ある程度想像がついたり、「こんなことしていたらいいなぁ」という気持ちがある人はぜひコチラに飛んでみてください!

「うーん、全然想像がつかないな~」という人は、このすぐ下のトピックを読んでみてください☆

 

2,自分がやりたいことが想像つかない人

さてさて、自分のやりたい仕事がコレだ!!とイメージがつかない人たちへ、ぜひともこのコラムを読んで実践してみてほしいことがあります(^^)

≪自己分析≫

自己分析が業界研究に関わるの??という方、多いかもしれませんがとっても大事なつながりがあるんです。

自分がどんなことをしている時が幸せか、自分がなりたい理想の姿や将来の姿ってどんな感じなのか、自分ってどういう長所があるのか、これを知っているだけで業界研究は非常にスムーズになります。

自己分析をして見えてきた自分にあてはまるような業界ってなんなんだろうと興味を持つだけで、業界研究に向かうモチベーションが全然違うんです!

まだ自己分析が終わってないという方はぜひこの機会にやってみてください(^^)

自己分析についてのお得な情報はコチラから☆

想像がついていないからと言って焦る必要は全くありません。今からでも全然間に合いますし、自分の可能性が広がるのでいいことだと思います!

≪周りのことに目を向ける≫

やりたいことが明確にないな~という方、ぜひ日常生活で日々何気なく見ているものやサービスに目を向けてみてください!

きっと「これってどんな人がやってる仕事なんだろう?」という疑問が出てきます。その興味からその業界について調べてみることも業界研究のやり方のひとつです!

日々の生活の中に溢れる仕事について興味をもったり、「楽しそうに働いているな~この人!」と感じる人がいるときは、もっと踏み込んでどんな仕事内容なのか、自分がそこで働くイメージができるかどうかを考えてみるのもとっても大切なポイントです☆

 

 

いかがだったでしょうか!

今回は業界研究第1弾として、やりたい仕事や業界があまり決まっていない方への記事でした☆

様々なことに興味を持つことはこれからとても大事になる要素だと思います。

後半はやりたいことやなりたい未来がイメージできた人向けの記事になりますが、ぜひコチラも参考にして頂けたら幸いです(^^)

会員登録