お役立ちコラム

2次選考で落ちてしまう学生さんにはある共通点が!?

履歴書に書いた内容と面接時に話している内容がリンクしないのは致命的

各会社により、1次選考が書類選考であったり、筆記試験であったり、2次選考が面接であったりと様々なケースがありますので、ここでは特に面接についてスポットを当ててみたいと思います。

学生さんのなかには「書類選考や筆記試験はパスするのに2次面接で必ず落ちてしまう」と嘆く方も少なくありませんが、何が良くないのかがイマイチ掴めずに苦労されている方も多いのではないでしょうか?面接については、もちろん攻略法などありませんし面接官によって質問内容も受ける印象も異なりますので、臨機応変に対応しなければなりません。面接官が現場の方なのか、人事採用担当の方なのか?、もしくは会社役員レベルの人なのかによって、質問内容も異なれば、受け答えする内容も変えていく必要があると言えますので、臨機応変さに乏しく柔軟性に欠ける人ほど苦手意識があるかもしれません。

一次選考で面接がある場合には、一般的なコミュニケーション能力を有しているかどうか、例えば当たり前のように挨拶ができるか、簡単な質問に受け答えできるか、これまで自身が行ってきたことをアピールできるか、といったようにある程度ハードルは低めに設定されていると思います。いきなり役員レベルの人が出てくる会社も少ないと思います。ところが、2次選考ともなるとこれまで自身が行ってきたことに対する具体的な数値を求められたり、仕事に対する意義を求められたり、質問内容のハードルが一気に高まることも珍しくありません。

昨今では、面接対策用の書籍や応答事例集などもありますので、そうしたツールで対策をしている学生さんも多いことと思われますが、2次選考における面接はそんなツールが通用するほど甘いものではありませんし、面接官もそうしたツールで事前に準備をした回答はいとも簡単に見抜いてしまいますので、余計に受け答えが難しい質問を投げてくることもあります。

会員登録