女性は化粧をするのがマナー。就職活動中も例外ではありません。しかしながら、就活をしている女子にとって就活メイクはどんなふうにしたらいいのかわからないものです。普段のメイクでは派手すぎたり、逆に化粧を普段しない人や化粧が薄い人は、ビジネスでの化粧の加減が難しいようです。
参考にしてほしいのは…、
・スーツ会社のホームページ
リクルートスーツを販売している会社のホームページを覗いて、スーツの着こなしだけではなく、モデルのメイクも見てみるといいと思います。
・AIR STAGE
航空業界への就職・転職を目指す人のための月刊誌です。メイク特集をしていることも多いですし、航空業界を目指していない人にも、ビジネスマナーが詳しく載っていると評判がいいです。
・女性ファッション雑誌の就職活動特集
20代前半向けの女性ファッション雑誌だと、就活メイクの特集を組むことも多いです。また、実際に働いている人の社名や通勤ファッションを見れるコーナーもあるので、自分の志望している企業が載っているときはチェックしてみるといいかもしれません。どんな人が働いているか、社内はどんな雰囲気かがわかります。

チェックポイント

✅アイシャドーはブラウン系で
個性的な色味は避けて自然に見えるようブラウン系のアイシャドーを使いましょう。日本人には茶系が一番似合うそうです。
✅アイラインは目尻をはねさせないでぼかす
普段メイクだとアイラインをしっかりめに入れて、目尻もはねさせて、長めに入れる人もいるかもしれませんが、面接や説明会のときは控えめにするのが大切です。
✅チークはピンクかオレンジ系でナチュラルに
赤や茶色などの濃い色は避けて、頬の一番高い部分にやさしく入れましょう。
✅眉毛はしっかり整えて自然に仕上げよう
ぼさぼさ眉毛や薄すぎる眉毛、細すぎる眉毛はNG。無駄な部分はカットして、アイブロウで仕上げてください。眉毛は顔の印象を大きく変えるので、自分に合う眉毛の形や濃さを知っておきましょう。
✅夏場はメイクが崩れるのでパウダーファンデーションを持ち歩こう
リキッドファンデーションは化粧直しが大変です。さっと塗りなおせるようにパウダーファンデーションを持ち歩くと安心です。
✅クマが気になる人はコンシーラーを塗ろう
クマは不健康で暗い印象を与えてしまいます。私自身、肌が白くてクマが目立つのでスティックコンシーラーでクマを隠していました。

これっていいの?就活メイクQ&A

Q.つけまつ毛、まつ毛エクステはしてもいいの?
A.自然に仕上げられるならしてもいいと思いますが、していることによってマイナス評価をされてしまうと思うならしないほうがいいです。特につけまつげは目尻や目頭がアイラインから剥がれてしまうこともあります。
Q.カラーコンタクトはしてもいいの?
A.これもつけまつ毛・まつ毛エクステ同様、していることによってマイナス評価を恐れるならしないほうがいいです。私はディファインくらいなら自然に見えるからいいかなと思ってディファインを付けて就職活動をしていました。レンズのふちが大きいものやデザインが自然でないものはNGです。

ビジネスの場にふさわしい自然なメイクをこころがけよう!

薄すぎる・濃すぎるのが気になる場合は周りの大人にチェックしてもらうといいと思います。また、同世代の女優さんのメイクも参考になります。面接官は学生の顔の造形ではなく、清潔感や印象を見ています。実際の面接までに自分に合ったメイクを見つけてくださいね。