お役立ちコラム

【就活体験談】3月広報開始の就職スケジュールは『建前』

16卒から変わった就活スケジュール、こんな風に過ごしました。
16卒の大学4年生「B」です。今回は実際就職活動をしてみた感想と、新スケジュールでの就職活動の流れについて書いていきたいと思います!

まず、選考開始が8月に伸びたことにより、優秀な人材を確保しようと企業から水面下でのアプローチは以前に比べて多かったようです。ゼミの先生や部活の先輩などのコネクションを持っている方にアプローチが多いのは就職活動のお決まりですが、今回特に謙虚だったのはインターン生優遇です。

私はエアライン業界をメインにエントリーをして活動していましたが、例年エントリーシートを全通させる会社が今回からエントリーシートからふるいをかけてインターン生優遇・別日程で選考を行ったのは予想外で少し戸惑った部分もあります。こうした情報は同じ業界を目指している友人・選考で出会った人・みん就(みんなの就活日記)から仕入れられます。特に、みん就は通過連絡が来た、内定連絡が来たなどリアルタイムで書き込みがあるので、自分が通ったか通らなかったかすごくハラハラしました(笑)。

選考開始が遅れたとはいえそれは建前。
就活情報サイト解禁が3月だったにも関わらず、インターン用サイトやリクルーターを利用して、学生にアプローチをかける企業が多く、2015年10月~11月に行われた『2016年マイナビ企業新卒内定状況調査』では、業界によって動きが分かれたみたいです。ぜひ参考にしてみてください。

業界 面接開始企業が一番多かった月 内々定出し企業が一番多かった月
商社 5月 6月
建設 4月 5月
製造 4月 8月
小売 4月 5月
サービス・インフラ 4月 5月
金融 8月 8月

大手企業の選考

私は5~6月にエントリーシートを提出して、大手企業の選考は8月1日からスタートしました。その前に内定を頂いていた企業があったので、非常に安心感を持って大手企業の選考に進めました。面接は通過すると結構ぽんぽん進んでいくので、8月いっぱい、遅くて9月頭に内定連絡がくるという形で就職活動を終えました。受けている企業数によりますが、結構時間があったので、花火大会などに行って息抜きをしながら夏を過ごしました。

全体採用人数からコネクション枠とインターン枠が引かれて、残った枠を一般学生で取り合う形になるので、就職活動そのものはやっぱり大変です。自分の周りで面接官を経験したことがある社会人がいれば、面接でどんなところを見ているのか聞いてみるのはすごくタメになると思うのでオススメです。

就職活動を終えて…

私は何より今回就職活動を終えて、『振り回されたな…。』と思っています。新しいスケジュールで手探り状態でしたし、なかなかこのスケジュールにメリットは感じられませんでした(笑)。18卒からまたスケジュールが変わることが発表されました。学生も企業も戸惑いながらおこなう就職・採用活動、もうちょっとスマートにならないんですかね…。
なんとなくイメージは湧きましたか

体調管理に気を受けて!

黒スーツは熱を吸収するので、真夏の炎天下の中の就職活動というのも結構ハードでした。面接会場に行くと、冷房がガンガン効いているので、体調を崩しやすいので気を付けてください。就職活動は楽しんだもん勝ちな面もあるので、いつも100%の自分でいられるように、心身共に健康に就活シーズンをお過ごしください!

会員登録