お役立ちコラム

【17卒就活トレンド】企業から「会いたい」スカウトを受け取る!?

あなたにピッタリの企業はどうやって見つけていますか?

就職活動は大きく分けて3段階あります。
1.自分を知ること(自己分析)
2.相手を見つけること(業界・職種)
3.価値観をすり合わせること(ES・面接)

2の「相手」、つまり企業を探すための方法としては、これまで就職ナビサイトが主。
就職ナビサイトには約2万社もの企業情報が掲載され、誰でも簡単にエントリーすることができるため、
これまでは就職活動の時期になると一先ず、ナビサイトに登録しよう、そして企業を探そうでした。

しかし、企業の探し方は2016/17年卒就職活動のスケジュール変動に伴って大きく変わってきています!
こういったトレンド情報を逃さないようにして、効率的に就職活動を行いましょう。

企業との新たな出会い

これまでの就活ナビサイトでは、

学生→企業

という流れで企業との出会いが生まれていました。
しかし、多くの企業が利用しすぎたからこそ、
「約2万社もある企業の中から、自分に合う企業なんてわからない!」
というのが就活生のホンネではないでしょうか。

そこで出てきた新たなトレンドは、

学生←企業

という逆の流れです!

実はこの企業から学生へのアプローチは、「リクルーター」「縁故採用」という形で昔からありました。
それに現代のテクノロジーを加えたアプローチ方法が近年注目されています。

企業から「会いたい」というスカウトが来る

新たな企業との出会いの場、その一つが「キミをスカウト!」の略の『キミスカ』です。

学生は自己PR・学生時代頑張ったことなどのプロフィールページをそれぞれも持ちます。
企業の人事担当者はそれを読み、「この人に会ってみたい」と感じた人に「スカウト」を送るという仕組みです

スカウトの種類によってあなたへの本気度が分かります!
・プラチナスカウト(30通/月)
・本気スカウト(100通/月)
・気になるスカウト(無制限)

あなたに興味を持って「会いたい」と言ってきた企業はどんな企業でしょうか?
そこにキミスカを使う価値があります!

キミスカを利用し就職活動を終えた学生の約8割
「自分では見つけることのできなかった企業を知れた」
という部分を魅力に感じています。

スカウトで出会う企業の魅力

2万社から数社を探そうとするとどうしても、大きな枠で業界を見てしまいます。
例えば、「土日は休みはいいから不動産業界はやめておこう」

しかし、実際のところ中身を見れば十社十様で「土日休みの不動産」もあります。
それまでの方法では、選択肢に入ってこなかった企業と出会うことができるのです。
しかも、企業から「自社に合うだろうなぁ」「優秀そう!」などといった視点で、声がかかる!
これがキミスカの魅力です。

企業から「会いたい」というスカウトをもらってみませんか?

会員登録