【最後に質問あればどうぞ】質問例と人事に与える印象

説明会や面接の時に人事の方や面接官の方に質問をする機会ってありますよね?
皆さんは質問をしてますでしょうか?
特に、面接の場では質問をしないのはNGです。
質問をしないということは、
『あなたの会社に対する興味がありません』
と言っているようなものです。
何かしらの質問はするようにしましょう。

では、どんな質問をしたら良いでしょうか。

  • 「残業はどのくらいありますか?」
  • 「有給休暇の消化率はどのくらいですか?」
  • 「出産・育成休暇等の福利厚生はどうなっていますか?」

上記のような質問をしている就活生の方はいらっしゃいませんでしょうか?
人事の方や面接官の方は次のような印象を持つ可能性があります。

  • 「残業はどのくらいありますか?」
    ⇒ この学生さんは働く意欲が低そうだな。
  • 「有給休暇の消化率はどのくらいですか?」
    ⇒ この学生さんは仕事よりもプライベートばかり優先してしまう危険性があるな。
  • 「出産・育成休暇の福利厚生はどうなっていますか?」
    ⇒ この学生さんは結婚後に仕事から長く離れてしまう危険性が高いな。

納得のいく就職先を見つけるためには必要な情報かもしれませんが、採用をする側からすると
採用することにデメリットを感じてしまいますよね。

ではどのような質問の仕方をしたら良いでしょうか?

聴きたいことは変えずに質問を変えてみました。

  • 「残業はどのくらいありますか?」
    ⇒ 「私は他の同期よりも早く成長したいと思っているので業務後にも勉強をする時間を
    設けたいと考えております。御社では平均的にどのくらいの残業がございますでしょうか?」
  • 「有給休暇の消化率はどのくらいですか?」
    ⇒ 「私は仕事でのパフォーマンスを上げるためにはプライベートの充実も必要だと
    考えております。有給休暇を程よく利用して仕事のモチベーションアップに努めたい
    のですが御社の有給休暇の消化率は何割程でしょうか?」
  • 「出産・育成休暇の福利厚生はどうなっていますか?」
    ⇒ 「私は結婚・出産も将来的には視野に入れておりますが、子どもの育成後に仕事に戻り、
    プライベートと仕事の双方で充実した生活を送りたいと考えております。当然、御社に
    戻ってきて欲しいと思っていただけるような人材に出産までにはなるつもりではございますが、
    因みに御社の出産・育成休暇等の福利厚生はどのようになっておりますでしょうか?」

上記のような質問の仕方はどのように感じるでしょうか。
聴いている内容は変わらないのに、働くことに前向きな印象を受けますよね。

ポイント

質問の仕方で気を付けることは以下の2つです。
1.質問される側にマイナスな印象にならないかどうか
2.自分の考えを質問する理由として付け加えられているか
この2つさえ気を付ければ質問力がアップするでしょう。
ぜひ今後の質問の機会に活かしてください!

おまけ

「何を質問すればいいのか分からない」という方もいらっしゃると思いますので、
私が就職活動で使っていた“どの企業にも使える質問”を1つ伝授致します。
「私は御社から内定を頂いた後、入社までに○○を勉強したいと考えております。他にどんなこと
 を勉強したら私は他の同期に勝てますでしょうか?」
この質問は1つの企業であっても答える人によって答えが変わる場合もございますので、
「1次面接で○○様は△△をお勧めしてくださいましたが、●●様としては何を一番勉強すべき
だと思いますでしょうか?」
といったように使いまわすこともできますし、入社までにやることをその中から自分に合うもの
選んで動くことができます。
他にも「この人、できるな」と思わせる質問はいくつもございますので、
質問に困っている学生さんは一度質問の内容を考えてみてください。