魅力的なエントリーシートの書き方とは?基本的な書き方のポイントを簡単解説

就活で提出を求められることが多いエントリーシート(ES)。これから就活を始める学生にとっては初めて触れる応募書類で、どうやって書いたら良いか分からない方も多いでしょう。

この記事では、これからエントリーシートを書く方に向けて、エントリーシートの書き方を解説していきます。

人事がエントリーシートで見ているポイントって?

そもそも、なぜ就活ではエントリーシートが必要なのでしょうか。

まずは、エントリーシートで重要視されているポイントについて知っておきましょう!

【エントリーシートで見られるポイント①】学生の実績や能力

エントリーシートではまず、学歴や資格、所属団体やインターン経験などの客観的事実が見られています。学歴や資格などである程度の能力を把握し、所属団体やインターン経験などから学生の考え方や適性を判断しています。

このようにして企業は、何百〜何千通も来るエントリーシートの中から面接に呼ぶ学生をふるいにかけているのです。

【エントリーシートで見られるポイント②】思考やポテンシャル

客観的事実で学生を絞り込んだら、ガクチカや学生時代の経験から、その人の思考やポテンシャルを見ていきます。

  • どんな思考を持っていてどう仕事に向き合うのか
  • 性格は会社に合いそうか 

このように、企業は今のスキルだけではなく「入社後の伸び代」を予想していきます。そのため、エントリーシートでは思考や性格が分かるエピソードを書くことが大切なのです。

【エントリーシートで見られるポイント③】熱意や志望度の高さ

人事は、エントリーシートの内容から学生の志望度も確認しています。印象が悪くなってしまうため、志望動機の使い回しは絶対にやってはいけません。

「企業に合った志望動機になっているか」「どれだけ業界や企業について調べているか」などを見て、本気度を確かめています。当たり障りない内容だと人事の印象には残らないため、一社一社本気で内容を考えるように心がけてくださいね。

エントリーシートを書く時の基本事項

エントリーシートの内容を磨き上げることも大切です。しかし、まずはエントリーシートを書く際に必ず守ってほしい基本事項につい知っておく必要があります。
以下の注意点は、ビジネスに関わる書類全般に共通して言えるものばかりです。一般常識なので、これを機に覚えておきましょう。

  • 文字の上手下手を問わず、丁寧に書くことを心がける
  • 黒のボールペンや万年筆ではっきり書く
  • 消せるペンや修正テープは使わない
  • 「?」や「!」などの記号は使わない(ESの場合のみ例外あり)
  • 間違えないように下書きをしてから書く
  • 提出前にコピーを取って面接前に確認しておく
  • 「です・ます」「だ・である」など、文体を統一する
  • 「バイト」や「コンビニ」などの略語は使わない
  • 企業ごとに志望動機や自己PRを書き分ける

魅力的なエントリーシートの書き方のポイント4選

それでは、人事に見られているポイントを押さえた「通るエントリーシート」の書き方について具体的に見ていきましょう。

【エントリーシート書き方のポイント①】アピールしたいポイントを1つに絞る

企業へのアピールというと、自分の長所をたくさん盛り込みたくなってしまいますよね。しかし、たくさんのことを一気に伝えることは、就活ではあまり好ましくありません。なぜなら、多すぎる情報が詰め込まれたエントリーシートは、結局何が言いたいかが分かりにくくなるからです。

エントリーシートを書く際は、企業の求める人材に合わせてテーマをひとつ設定しておきましょう。その設定に沿った内容で自己PRや志望動機を書けば、一貫性のある魅力的なエントリーシートが作成できます。

【エントリーシート書き方のポイント②】具体的に書く

読んだ人がイメージしやすいように、エントリーシートに書くエピソードやアピールポイントには具体性を持たせましょう。

「ゼミの討論会で優秀賞をもらった」など、実績を得た事実だけではあなたの魅力は伝わりません。「いつ・何を・どうして・どのようにしたか」ということを盛り込み、実績を得た経緯も説明することを心がけてくださいね。

【エントリーシート書き方のポイント③】企業に合ったアピールをする

長所やスキルは、企業に求められているものを逆算してチョイスすると通過率がアップします。
たとえば、「時間が守れる」「コミュニケーション能力」があることをアピールした学生がいたとします。しかし、これらの内容は社会人にとって基本の資質で、このままではアピールとしては弱いです。

効果的にあなたの魅力を伝えるためには、「どんな工夫でタイムマネジメントをしているのか」「どうしてコミュニケーション能力が身についたか」「強みが入社後どう役立つのか」を具体的に説明する必要があります。事務ならタイムマネジメント、営業ならコミュニケーション能力と、業種や職種に合わせてアピール内容を変えるのも忘れずに。

ただし、企業にアピールしたいからといって嘘をつくのは絶対にやめてください。背伸びをせず、ありのままのあなたの魅力を伝えましょう。

【エントリーシート書き方のポイント④】簡潔で分かりやすい文章にする

エントリーシートに文章力は必要ありませんが、誰が読んでも分かりやすい文章を書く必要はあります。一文が長いと伝えたい内容が分かりにくくなりますし、正しい日本語を書かないと意味を理解してもらえないこともあります。

エントリーシートには、「結論・理由・具体例・結論」の順番で書く「PREP法」を用いましょう。この型に当てはめれば、誰でも簡単に伝わりやすい文章が書けます。書いた内容が伝わるか不安な場合は、誰かに添削してもらうと良いでしょう。

PREP法に関してはこちらの記事をご覧ください。

自己㏚を誰でも短文に出来る最強のテンプレ【PREP法】

エントリーシートの基本の書き方

ここからは、項目ごとにエントリーシートの書き方についてご紹介していきます。

基本情報の書き方から自己PRや志望動機まで、書き方の疑問はここで解消してください!

【エントリーシートの書き方①】プロフィール

最初に、プロフィールの書き方を解説します。履歴書にも当てはまる基本の書き方なので、しっかりと覚えておきましょう。

日付・写真

エントリーシートに書く日付は、提出日か前日にしておきましょう。西暦と元号のどちらで記入しても構いませんが、必ず全体で統一するようにしてくださいね。

書き損じた時に写真を無駄にしないように、写真は最後に貼ることをおすすめします。写真を貼る際は、必ず裏側に学校名や氏名を記載しておきましょう。これは、万が一剥がれてしまっても誰のものかが分かるようにするためです。

エントリーシートで好印象を残せる写真の撮り方については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

【就活対策】エントリーシートの証明写真の撮り方3ポイントと知っておきたい注意

基本情報

次に、基本情報を記入していきます。
氏名の欄でふりがなを書く際は、「ふりがな」とあれば平仮名、「フリガナ」ならカタカナで書きましょう。生年月日は西暦か元号を統一し、年齢は送付時点のものを記載します。

住所は都道府県から書き、「1-2-3」と省略せずに「1丁目2番3号」と正しく書いてください。マンション名なども、忘れずに書いてくださいね。

連絡先は、連絡が取りやすい番号を書いておきましょう。最近は固定電話がないご家庭も多いので、携帯電話の番号だけでも構いません。メールアドレスは、数字とアルファベットを間違えないように分かりやすく書きましょう。

学歴・職歴

一段目の欄に「学歴」と書いてから、中学入学からの学歴を記入していきます。「中学」や「高校」は略語にあたるので、「中学校」や「高等学校」と正しく書いてください。

次に、学歴の下に「職歴」と記載し、職歴を書いていきます。アルバイトは職歴に当たらないため、「なし」で構いません。過去に正社員で働いたことがある方のみ、会社名を記載してください。

すべて書き終えたら、職歴を書いた板の欄に右詰で「以上」と書きます。

印鑑・その他

押し間違えてしまう可能性がある印鑑は、できれば最初に押すようにします。シャチハタではなく、必ず朱肉を使った認印を使用してください。

エントリーシートの記入欄は、8割〜9割程度埋めるのが理想的です。最後に全体を見渡し、記入量の足りない部分がないかを確認しておきましょう。

【エントリーシートの書き方②】自己PR

あなたの強みを企業に伝える自己PRは、学生の持っている能力を確かめる、エントリーシートの中でも大切な質問事項です。ただ強みや特技を伝えるのではなく、「強みを活かして問題を乗り越えた経験」と「努力の過程」を具体的に伝えることが大切です。強みを企業でも生かせる「再現性」をアピールすると、より効果的な自己PRになりますよ。

文章を書く際は、「結論・理由・具体例・結論」の流れで文章を構成する「PREP法」を用いると簡潔で分かりやすくなります。

文字数は400〜500文字程度が目安。文体を統一して、話し言葉は使わないように注意してくださいね。

自己PRの作り方については、こちらの記事でも詳しくご紹介しています。

自己PRの作り方4ステップ!誰でもかける落ちないESの書き方【PREP法】

【エントリーシートの書き方③】学生時代に力を入れたこと

ガクチカでは、あなたの仕事への向き合い方や思考回路について見られています。そのため実績だけではなく、「どんな思考や行動で、いかに困難に立ち向かったか」を盛り込むことが大切になります。

具体的かつ簡潔に伝わるように、ガクチカもPREP法を用いて書きましょう。主に大学時代のエピソードを書き、「継続力」「真面目さ」などの面接でアピールしたいことをメインテーマに選んでください。

評価されるガクチカの書き方や例文を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

【ガクチカ】人事が評価する『ガクチカ』の書き方例まとめ

【エントリーシートの書き方④】志望動機

志望動機はどの企業でも使用できるような無難なものではなく、業界・企業研究の成果を盛り込むことを心がけることが大切です。「他の企業ではダメな理由」「就職後のビジョン」などを、必ず具体的に盛り込んでください。志望動機では自分の長所ではなく、「企業への関心度の強さ」や「企業への貢献度」をアピールすることがポイントです。

誰でも効果的な希望動機が書ける方法は以下の記事でご紹介しているので、エントリーシートを書く前に確認しておきましょう!

就活の面接で効果的な志望動機の伝え方とは?4ステップで簡単解説【例文付き】

正しいエントリーシートの書き方で印象をアップしよう!

エントリーシートで最も大切なのは、もちろん内容です。しかし、それ以前に正しい書き方ができていないと、「基本的なマナーも分からない」と思われてしまうこともあります。

逆に、正しいマナー通りに書かれたエントリーシートは印象が良くなることがあるのも事実です。エントリーシートの内容やあなたらしさを最大限伝えるために、正しい書き方をマスターしておいてくださいね!