人材紹介会社を利用する際にも、メリット・デメリットはあります。

メリット

自分が知らなかった業界や職種を知ることができる

自分一人で就活を行っていると、どうしても業界や職種が偏りがち。気付いた時には「もう選考自体が終わっていた」なんてこともありますが、紹介会社では個人の性格や指向性をもとに、マッチングするだろうと思われる企業が紹介されます。今まで知らなかった業界や職種を知り、興味を持つきっかけを得ることができます。

選考を受ける際にアドバイスを受けられる

紹介会社のキャリアコンサルタントは求人企業を熟知しています。エントリーシートに何を書けば良いのか、面接ではどのようなことをどういった態度で話せば良いのか、アドバイスを受けられます。これは紹介会社から紹介された企業を受けるときだけではなく、自身でエントリーした企業の選考を受けるときにも役立つ要素がたくさんあります。

就活に行きづまったとき、相談できる相手がいる

紹介会社のキャリアコンサルタントはいわば就活のプロ。何年も就活市場をみつめ、学生にアドバイスをしてきた方も多くいます。悩んだり行きづまったりしたとき、的確なアドバイスを受けることができるでしょう。

デメリット

希望する企業の求人があるとは限らない

「この会社(業界・職種)にしか興味ない!」という方の場合、紹介会社が役に立つとは限りません。
企業が紹介会社に依頼をして初めて、コンサルタントは学生へ紹介ができるからです。
登録してみたものの、受けられる求人がなかった、というケースも可能性としてゼロではありません。

自分だけのペースで就活しづらい

企業と学生の間に入る仲介役が紹介会社。企業からの合否連絡等は紹介会社を介しておこなわれます。
スピーディに進めたい、逆にもっとゆっくりしたい、という場合必ずしも自分にぴったり合ったペースで活動できるとは限りません。

その他・まとめ

いかがでしたでしょうか?
大手ナビ媒体離れがしており、中小、ベンチャーでも人材紹介会社の数が多くなってきております。
各人材紹介会社でも、得意不得意の分野があると思います。人材紹介会社を利用するときは、メリット、デメリットがることを覚えておきましょう。