就活用スーツの値段相場は?どこで買う?選び方のコツを簡単解説

就職活動であなたの第一印象を決めるのが、リクルートスーツです。一口にリクルートスーツと言っても、価格帯はさまざまです。初めてのスーツ選びではどんなものを選ぶべきかが分かりにくく、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は、就活に使うリクルートスーツの値段の相場をまとめました。スーツの他に必要になるアイテムの相場や選び方、後悔しないリクルートスーツの選び方についても解説していきます。ぜひ、就活準備に役立ててください。

就活用リクルートスーツの値段相場って?

一括りにリクルートスーツと言っても、その 値段は品質によって変わってきます。高いスーツの方が良い生地が使われており、見た目だけでなくシワになりにくかったりお手入れしやすかったりするメリットがあります。ただし、良いスーツを使っているからといって、就活が有利に進んだり内定が出たりすることはないので注意しましょう。

ここからは、就活用リクルートスーツの相場と就活用品の値段をご紹介していきます。

就活生に最も選ばれているスーツの価格帯は1.5〜3万円

就活生に最も選ばれているリクルートスーツの価格帯は、男女ともに1.5〜3万円程度です。

リクルートスーツは、安いものであれば上下セットが1万円以下で購入可能です。一方で、高いものはジャケットだけでも数万円万することもあります。このように、スーツはピンからキリまで幅広いラインナップがあります。その中で、学生でも購入しやすく、品質とのバランスの取れた価格帯が1.5〜3万円なのです。

リクルートスーツは、クリーニングやウォッシャブルタイプの洗濯も考慮し、2枚程度持っておくことが理想です。複数枚購入することを考慮しても、これくらいの価格帯が最も購入しやすいのではないでしょうか。

就活用品もまとめて購入すると5万円程度

就活で必要になるアイテムは、リクルートスーツだけではありません。靴やバッグなど、他にも揃えなくてはならないものはたくさんあります。

就活で必要となるものをまとめて購入すると、5万円程度の費用がかかります。面接では使用しているアイテムも意外と見られているため、多少高くても就活用のものを購入しておくことが好ましいです。

ここでは、スーツとあわせて準備しておきたい就活用アイテムについて解説しておきます。

就活の面接で必要になる持ち物を知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

就活の面接に必要な持ち物は?選び方やあると便利な物をご紹介!

【就活用品①】ワイシャツ

スーツと一緒に購入しなくてはいけないのが、就活用のワイシャツです。ワイシャツを選ぶ時は、無地の長袖で白いものがベーシックで好ましいでしょう。ストラップやチェックが入っているものはカジュアルな印象になるため、就活での使用は避けておくことが無難です。
夏の就活の場合、企業によっては「クールビズOK」の指示があることも多いですが、この場合もシャツは長袖を着用するのが就活のマナーです。

就活で使用するワイシャツは、1枚あたり3,000〜5,000円程度のものを3枚ほど用意しましょう。1,000円程度で購入できる安い商品は、シワになったり通気性が悪かったりと、機能性が劣ることも多いです。着心地を良くしたり安っぽく見せたりしないためにも、ワイシャツはスーツに見合う品質のものを選んでください。

【就活用品②】ネクタイ

男性の就活に欠かせないのが、スーツの印象を左右するネクタイです。就活用のネクタイは、派手すぎない落ち着いた柄や色を選ぶようにしましょう。

ちなみにネクタイは、色によって大きく与える印象が変わります。

ネクタイの色 与える印象
青・紺 誠実・勤勉・真面目
水色 フレッシュさ・清潔感
赤・えんじ 情熱的・やる気
イエロー 活発・親近感・社交性

業界や与えたい印象に合わせてネクタイの色を変えてみてもいいでしょう。柄はストライプやドット、チェックや無地がおすすめです。

ネクタイの1本あたりの相場は、3,000〜6,000円程度です。もちろん、就活に適したものならどんなブランドでもいいので、入社後を見越して良いものを購入しても構いません。

【就活用品③】就活用バッグ

就活の時は、就活専用のバッグを購入しておきましょう。黒い無地のバッグで、ナイロンもしくは革製のものが無難です。また、就活ではA4サイズの書類が多く用いられます。そのため、A4サイズが折らずに入る、自立するバッグを選んでください。

ナイロン製であれば5,000〜1万円程度、革製であれば1〜3万円程度が相場になります。どんな物を選べば良いか分からない場合は、スーツショップに売っている商品を購入しておけば失敗することはないでしょう。

【就活用品④】就活用の靴

リクルートスーツに合わせる靴は、革製の黒いものが無難です。安価な合皮素材でも問題ありませんが、光沢が安っぽくムレやすいというデメリットがあります。

就活用の靴は、8,000円〜2万円程度が相場になります。就活では歩き回ることが多くて足が痛くなりやすいため、しっかりと試着して痛みがない靴を選んでくださいね。

【就活用品⑤】就活用コート

冬の就活ではコートが必要になることもあります。就活のコートは、黒や紺のフォーマルなものを選びましょう。トレンチコートやステンカラーコートなどがビジネスに相応しいコートになります。

コートの相場は1〜3万円程度。入社後も使用できるため、少し良いものを購入しておいても良いでしょう。

コートの詳しい選び方については、こちらの記事でも詳しくご紹介しております。

就活スーツに合わせるコートの選び方!たたみ方や脱ぐタイミングも詳しく解説

就活用リクルートスーツは2着購入しておくと安心

就活用のスーツは、使用していくうちに汚れてしまったり汗でニオイが気になったりしてしまうこともあります。そのため、場合によってはクリーニングに出す必要が出てきます。そんな時でも困らないように、スーツは2着持っておくと安心でしょう。

長期戦になることが予想される場合は、夏用と冬用(オールシーズン用)のものを1枚ずつ購入しておくと便利です。

就活用リクルートスーツはどこで購入するべき?

就活用のスーツは、スーツ専門店やデパート、量販店や通販などで購入できます。また、大学にスーツ店が出張してくれることもあります。

この中で料金と品質のバランスがいいのが、スーツ専門店です。就活生向けのキャンペーンや割引も豊富なため、高品質で高機能なスーツをお得に購入できますよ。就活用のアイテムも一式揃っていますし、就活に精通しているので、気軽に質問もしやすいです。

また、大学に出張してくれるスーツ店は、生協のクーポンなどが使えて安く購入できることもあります。高性能で安いスーツをお探しの方は、こちらも一緒にチェックしておくことをおすすめします。

後悔しない就活用リクルートスーツの選び方

リクルートスーツの値段の相場が分かったところで、実際にどんなスーツを選んだら良いのかについて見ていきましょう。

「せっかくスーツを購入したのに就活に相応しくなくて使わなかった」ということにならないよう、以下で紹介する4つのポイントに注意しましょう。

【就活スーツの選び方①】スーツの購入は3年冬のうちに購入しておく

気になるスーツの購入時期ですが、おすすめは就活が本格化する1〜2ヶ月前にあたる3年生の冬の時期です。特に年末の12月は多くのスーツ店でセールが行われているため、高品質なスーツが安く手に入ることもあるでしょう。インターンシップに参加する際は、3年生の春にはスーツを購入しておくことが好ましいです。

就活直前はスーツの需要が高く、スーツ店が混雑している上に良い商品が売り切れになっている可能性もあります。慌てて購入して後悔することがないように、3年生の早いうちからスーツ店をチェックしておきましょう。

【就活スーツの選び方②】安っぽさや派手さに注意

スーツを購入する時は、見た目に十分注意する必要があります。安いスーツは生地やデザインが安っぽく見えてしまい、面接官に貧相なイメージを与えるかもしれません。逆に高いスーツは、派手な印象を与えてしまうリスクがあります。貧相なイメージは避けるべきポイントですが、就活では「スーツの良さ」よりも「あなたらしさ」を見てもらうことが重要です。

どんな価格帯のものを選ぶにしろ、フォーマルで清潔感のある見た目かどうかを意識してチェックしてください。不安な場合は、店員や家族に確認してもらうと安心です。

【就活スーツの選び方③】丈直しなどのオプションも忘れずに

リクルートスーツで重要なのは、自分の体にピッタリと合ったサイズを着こなすこと。サイズが合っていないスーツは、清潔感に欠けてだらしない印象になるため注意しましょう。

市販のスーツがピッタリ合えば良いのですが、場合によっては丈直しが必要になることもあります。その場合は追加料金が必要になるので、予算より少し安めのスーツを見ておくのがスーツ選びのコツです。

【就活スーツの選び方④】お手入れのしやすさもチェックする

スーツには、さまざまな機能性が持つものがあります。就活のスーツで押さえておきたい機能は、以下の3つです。

  • ストレッチ機能
  • ウォッシャブル機能(洗濯可)
  • 防シワ機能 

どれもお手入れの手間を減らして見た目の美しさをキープしてくれる機能です。多少高くても、これらの機能がついているスーツを選んでおくようにしましょう。

覚えておきたいリクルートスーツのメンテナンス方法

最後に、リクルートスーツのお手入れ方法をご紹介しておきます。

スーツの主繊維である「ウール」は、繊維自体に回復能力があります。使用後はハンガーにかけて、通気が良く直射日光の当たらないところで2~3日休ませてあげましょう。回復能力が働き、汗などの水分が飛んで軽いシワが自然に伸びていきます。

保管する時は、形崩れを防ぐためにも必ずハンガーにかけてください。パンツやスカートは、スーツを購入した時に付属していた専用のハンガーで吊って保管しましょう。

光沢出しや汚れ・毛玉を防止してくれる、ブラッシングも大切なお手入れです。スーツの寿命をのばしてくれるため、余裕があれば行っておくことが好ましいです。

クリーニングは、シーズンに1〜2回程度で問題ありません。洗いすぎると繊維の油分が取れて劣化の原因になるため、汚れやニオイが気になったタイミングでクリーニングするようにしてください。

自分に合った値段のスーツを選んで後悔しない就活を!

リクルートスーツは、あなたの印象を左右する大切な要素のひとつです。相場である1.5〜3万円を参考に、機能性や見た目を重視したスーツ選びをしてください。

ビジネスでは、身だしなみもマナーの一環です。見た目で損をしないためにもこの記事をおさらいして、後悔しないスーツ選びをしていきましょう。