キミスカ就活研究室

Archive List for 学生インタビュー

TEDxUTokyoSalon “Ripples of Ideas” に参加して

TEDはアメリカ・カリフォルニア州で年に一度、様々な分野から出演者を招き、講演(TEDtalk)を行う世界的なコミュニティ・イベントです。オンライン配信により、全世界で10億回以上再生され世界的に有名になりました。TEDtalkは単なる講演会ではなく、スピーカーと参加者が自由に交流するイベントとなっています。 TEDxUTokyoとは、日本で初めて大学とTEDがコラボレーションして創立した組織です。 大学の社会的な役割である「知」の発信をTEDxとしう枠組みで行うべく、活動しています。また年に1度の500名規模のイベントだけでなく、少人数でスピーカーと参加者が密なコミュニケーションを取ることのできるイベントTEDxSalonを年に3回開催し、年間を通してコミュニティの深化を図っています。 自分たちの存在意義を問う TEDxUTokyoは2012年に創立し、今年で4年目となっております。500名規模のイベントを継続するということは簡単なことではありません。しかし、継続している中にも問題は生まれます。それは、「継続すること」が目的となってしまうことです。お金をもらってするアルバイトや仕事とは違い、こういった活動をする際大切になるのは、「なぜやっているのか?」という部分です。 現在こういった部分の見直しを行っているとの事でした。上の世代から引き継いだものを残しつつ、自分たちの世代で新しい要素を加えて発展をしていくコミュニティは素晴らしいと思います。 TEDxUTokyoSalon “Ripples of Ideas” に参加して http://tedxutokyo.com/ 私自身、実際に効果イベントであるsalonに参加してきました! 東京大学の本郷キャンパス・ダイワユビキタス学術研究館で行われたのですが、斬新なデザインなホールで期待がとても大きかったです。 3名の全く別々の分野の方々がスピーカーとして登壇され、どれもこれまで全く知見のない分野でしたので、学びとなりました。それぞれのスピーカーの公演があった後、そのテーマからまわりの席に座っている参加者たちと、自分たちの生活に落とし込んだ部分のディスカッションを行いました。 「一歩踏み出す(…すると世界は変わって見える)」というのが1つのテーマになっていたそうなのですが、自分たちの生活に落とし込むことで、「明日からこういう風に変えていこう」と具体的なアイデアがでてきて、最終的にそれを文字にして残すといったワークもあるイベントでした。 出典:http://tedxutokyo.com/ このように参加者に自分の生活を振り返る機会をつくり、これからの人生・キャリアの歩み方を考えさせることによって、「このコミュニティーから、日本の未来を背負うイノベーターが生まれること」というTEDxUTokyoが1つの目標とする部分には確実に近づいていくと思います。

「後ろ倒しスケジュール」を経験した16年卒学生が後輩に伝えたいこと

私は今年の8月に就職活動を終え、地元の地方銀行から内々定を頂いている大学4年生です。 初めての「後ろ倒しのスケジュール」の就職活動を経験した先輩として、少しでも17年卒の学生の方々のお役に立てればと思い、記事を書かせて頂いております。まだ志望業界が定まってなく、就職活動に漠然とした不安を抱えている学生の方々にも是非読んで頂ければと思います。 出典:http://diamond.jp/articles/-/61966 後ろ倒しスケジュールの実状 経団連の指針に基づき、今年度から就職活動のスケジュールが大幅に後ろ倒しになりました。 このことによって学生はもとより、企業の人事も他の企業の様子を伺いながら手探り状態での採用活動を強いられることとなりました。 私がこのスケジュールの就職活動を経験して言えることは、 「後ろ倒しスケジュールに沿って採用活動をする企業は極めて少ない」 ということです。 私が就職活動をしてきた中で、実際に8月から採用面接を始める企業は極めて少なかったです。もちろん、8月1日から1次面接を解禁した企業もございますが、8月以前に解禁している企業が大半であったと言えます。 早いケースで4月~5月で面接、内々定までたどり着いた友人もいました。 つまり、「ES提出→適性検査→面接→内々定」の一連の流れが、受ける業界によって実施される時期が大きく異なるということです。 前年までの4月解禁のスケジュールではほとんどの業界がこの流れを3月~4月に集中して行っていました。 一方で、今年の後ろ倒しスケジュールの場合、3月~4月に一斉に説明会を実施した以降は、ES提出~内々定までの流れが4月~8月の中でバラバラに実施され、業界によって2、3か月ずれてしまうことも多々ありました。 後ろ倒しスケジュールの就活で気を付けるべき2つのこと  8月解禁だからと油断をしない 「公には8月に面接が解禁されるんだし余裕っしょ!」と油断をしていると、第一志望としている企業が5月6月に水面下で面接を開始し、準備不足で思うような結果を出すことが出来なかった…という事態が起きる可能性があります。 こういった事態にならないためにも、面接対策はもとより、SPI、ES対策を早い段階から開始する事を強くお勧めします。企業の広報活動が解禁される3月よりも以前に対策がしっかりとできていれば、ご自身の納得のいく結果を残すことが出来るかと思います。  周りの就活生を意識し過ぎず、自分のペースで活動する 先程も述べたように、今年のスケジュールでは受ける業界によってES提出~内々定までの時期が大きく異なります。 このことによってどうしても就職活動のペースも人によって大きく異なってしまい、周りの友人やライバルの状況が気になって焦ってしまう事があると思います。 自分の行きたい業界がまだES提出の段階なのに、友人の受けている業界は既に面接ラッシュに突入している…ということが非常に多いです。 しかしそこで焦ってしまわず、「自分の行きたい業界はこういうスケジュールで採用活動をしているのだから、友人の受けている業界とは関係ない!」と落ち着いて自分のペースを貫いて活動することが、いい結果に繋がると思います。 是非、現段階でこの2点を意識してもらいつつ、17卒の皆さんには就職活動に臨んで頂ければと思います。

『夢と兄を追うランナー』高崎経済大学川内鴻輝さんへインタビュー

「失われた20年」の間に生まれた世代の人たちの職業観はとにかく「安定」。 仕事にさえ就ければ職種は問わないという人も案外多いのが現状です。 そんな中、社会人ランナーという狭き門に挑戦するのが高崎経済大学 川内鴻輝さん。 彼の仕事とは一体どんなものなのでしょう?! 川内さんの口癖は「好きなように走りたい」 大学の友人やチームメイトが就職活動に精を出していた頃、川内さんは一人、黙々と走り続けていました。地方国公立大学の陸上部に所属する川内さんの周りに、スポーツで働きたいと考える人は全くいませんでした。 人と違うことをするのは勇気がいるように思われがちですが、2歳から陸上をはじめ、走ることが大好きだった川内さんにとって就職活動は夢を捨ててまでするものではなかったそうです。 「契約社員でも構わない」 「自分の可能性を捨てたくない」 そんな限界を感じるまで走りたいという彼の想いを受け止めたのは(株)モンテローザさんのマラソン部でした。「バイトランナーになる」という彼の言葉を新聞が取り上げたことがきっかけでした。 「走る」を応援してくれる職場だからこそ、仕事も頑張れる! (株)モンテローザさんには現在3名のマラソン部員がおり、川内さんは今年の4月からその4人目として業務をこなしていきます。午前中は各々がマラソンの練習を行い、2時から6時までは本社で営業やイベントの企画、立案といった業務に就くのが日常です。スポーツ宴会獲得チームとして、各種マラソン大会後の参加者の宴会や打ち上げにおける集客やそれに関連する販促活動、営業を行うのも彼の仕事です。もちろん、大会等に出場し、記録を出すことも大きな仕事(課題)です。 元々人前に出ることや話が好きな川内さんにとって、営業やイベントの仕事ができ、「自由に走りたい」という要望にピッタリの練習環境がある(株)モンテローザさんは最高の就職先だとおっしゃっていました。 「いつかは兄貴を超える」のが目標 川内さんがマラソンを続ける背景には、マラソンを始めるきっかけをくれたお兄さんの存在があります。お兄さんと共に国内外様々な大会を巡った経験によって川内さんの人脈は大幅に広がりました。 「自分の実力では会えなかった人たちに会うことができた」「人との出会いは宝」であり、マラソンやそれに関わる多くの人たちと出会わせてくれたお兄さんに感謝していると同時に、いつかはお兄さんを超えたい、と川内さんは熱く語ってくれました。 感動を与える・社会に元気を与えるランナーになる 川内さんは自身のマラソンの記録を向上させるだけでなく、社会に貢献したいと考えています。「頑張れば見ていてくれる人もいるのだとわかったから」と語る彼の嬉しそうな表情は、夢を追いかけたい就活生に勇気を与えているように思えます。 川内さんのマラソンの目標は、2時間20分を切り、18分、15分・・・ そして目標は2時間10分を切っていくことです。 お兄さんを追い越すという大きな目標を持ちながらも「小さな目標を立てながら少しずつ頑張って行きたい」と言ってくれました。今後のマラソン大会では、(株)モンテローザさんのユニフォームを着た川内さんを見ることになるでしょう。 川内さんは「バイトランナー」から、企業の看板を背負う「マラソンランナー」になり、「なりたかった職業」をついに勝ち取ったのです。 マラソンを頑張りながら、スポーツと宴会をもっと若い人の選択肢として広めること、自身がマラソンで活躍することで(株)モンテローザさんを広めることが、まさに夢と兄を追うランナーのお仕事なのですね。 「マラソンを頑張って、お酒もできれば飲めるようになりたい」 こんなこともボソッとおっしゃっていました。 「選択をする」ということ・・・ 就職活動では常に「何ができるか」を問われます。 また、「やりたいこと」と「できること」のギャップに苦しむ人は多いのではないでしょうか。同時にそこへ「やるべきこと」という項目が加わってくると、職業の選択は、容易にはいかないでしょう。 しかし、川内さんのように「やりたいこと」を一心に求め続けた結果、(株)モンテローザさんのような企業が手を差し伸べることもあります。 なにかを「選択する」ということは なにかを「捨てる」ということでもあるのです。 だからこそ、他者の生業について知り、自らの選択肢を増やし、強い意志と自信のもとに 「選択」をしていきたいですね。同時にそんな「選択」を応援してくれる(株)モンテローザさんのような企業がもっともっと増えていって欲しいものです。 川内鴻輝さんプロフィール 株式会社モンテローザの「スポーツ宴会獲得チーム」所属として内定。ランナー(マラソン大会)に限らずスポーツイベント後の宴会獲得を目指し、広報部隊として2015年4月より活動を開始。 大学名 高崎経済大学 名前 川内鴻輝(かわうちこうき) 生年月日 1992年9月8日生まれ 身長 / 体重 180cm / 56kg 経歴 花咲徳栄高校-高崎経済大学 主な実績 ・全国高等学校駅伝競走大会埼玉県予選会 準優勝(2010年) ・ディリ国際ハーフマラソン 優勝(2012年) ・田沢湖マラソン 優勝(2012年) ・グアムインターナショナルマラソン 優勝(2014年) マラソンベストタイム […]