人事に求められる、これからの『採用力』
~自社に必要な学生を採れる2つのコミュニケーション戦略とは?~

セミナーに予約する

こんな方にオススメ

  • 選考中に今どきの学生を見極め、惹きつけるための「採用力」を身に付けたい
  • データに基づいて、再現性をもって「採用力」を発揮したい
  • 人事だけでなく選考に関わる社員全体で、共通の目標に向かって採用活動を進める方法が知りたい

自社に必要な学生を採るための『採用力』とは?

【ビジネスリサーチラボ 伊達氏とのスペシャルコラボセミナー】

学生の就活方法が多様化や人材獲得難な昨今、業の人事担当には「学生を見極める力」「学生を惹きつける力」がより必要になっています。
以前より人事や企業にこういった『採用力』が求められる状況にあります。

学生と出会う過程、選考の中で、こういった『採用力』を持っていないと
・採用したい学生で母集団が形成できない
・選考中に学生を見極められず、自社に合っていない学生を採用してしまう
・属人的、偶発的な施策になってしまい、『採用力』の再現性が低い
といった問題が起こりえます。

そこで本セミナーでは、ビジネスリサーチラボの伊達氏をお呼びして、
学生を「見極める」「惹きつける」といった『採用力』を発揮できる企業は採用市場でどのような動きをしているのか解説いただきます。

事前にご質問を受け付けております。
御社の採用課題を直接ご質問いただける貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。
※時間の都合により全ての質問にお答えできない可能性がありますので、ご了承ください。

セミナーに予約する

タイムテーブル

13:00~13:02 開催背景及びタイムテーブル
13:02~13:20

【最新学生データから紐解く、24卒採用の動向】
株式会社グローアップ 加藤 佑基

13:20~14:00

【採用したい学生を採るために必要な『2つのコミュニケーション戦略』とは】
株式会社ビジネスリサーチラボ 伊達 洋駆

14:00~14:30 質疑応答
14:30 閉会

講演者紹介

伊達 洋駆(株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役)

神戸大学大学院経営学研究科 博士前期課程修了。修士(経営学)。2009年にLLPビジネスリサーチラボ、2011年に株式会社ビジネスリサーチラボを創業。以降、組織・人事領域を中心に、民間企業を対象にした調査・コンサルティング事業を展開。研究知と実践知の両方を活用した「アカデミックリサーチ」をコンセプトに、組織サーベイや人事データ分析のサービスを提供している。近著に『現場でよくある課題への処方箋 人と組織の行動科学』(すばる舎)や『越境学習入門 組織を強くする「冒険人材」の育て方』(共著;日本能率協会マネジメントセンター)など。

加藤 佑基(株式会社グローアップ 新卒事業部 事業部長)

1992年生まれ。東京都市大学経営工学科卒。 機械学習による早期離職の構造のモデル化の研究を行う。大学時代はアフリカへのバックパック、ヒッチハイク、半年のフルコミットインターン、学生団体立ち上げを経験。 2015年新卒としてグローアップに入社。中途人材領域での営業経験後、2016年より経営企画室を立ち上げ。その後全社のマーケティング及びサービス開発に携わり、『キミスカ』(https://kimisuka.com/company/)のマーケティング統括として、年間15万人の就活生が使うサービスへと成長させた。自社の採用担当者として、採用全体の設計からインターンシップ等のコンテンツ作成等も行っている。 キミスカのコンセプトでもある『ありのまま』の採用・就活の実現に向けて日々活動をしている。

講演詳細

日時 2022年11月8日(火)13:00-14:30
会場 WEBセミナー ※ご予約者様には参加者用URLをお送りします。 時間になりましたらアクセスください。全国からのご参加、お待ちしております。
対象 人事責任者様・ご担当者様、人事関連業務に関わる方 ※学生の方、同業他社様はご遠慮ください。
参加費 無料
定員 先着150名様(事前登録制) ※ネット回線の都合上、アクセスは1社につき2名様まで(パソコン2台まで) とさせて頂きます。
必要なもの パソコン(事前設定不要、WEBカメラ不要、音声はお使いのPCから出力頂くか、イヤホンを使ってお聞きください)

下記フォームにご記入ください(所要時間:1分)

-->