採用基準に絶対的にこだわりぬきながら、工数を削減しターゲット学生との出会いを創出する

今回キミスカの活用方法について話を伺ったのは、パーソルキャリア株式会社様。
採用人数が多い中、限られた人事の時間の中でいかに効率よく採用していくかがキーとなっていた同社。
キミスカをどのように活用することで工数削減を図ったのか、採用企画部の今木さんに話を伺いました。 活用事例 パーソルキャリア

工数削減をしながら採用成功出来るダイレクトリクルーティングを探していました

御社の新卒採用における基本方針や目標を教えてください。

基本方針は大きく2つあります。
弊社の”ミッション”を推進して、”バリュー”を体現する方を採用することです。
分かりやすく説明しますと、弊社のミッション『人々に「はたらく」を自分のものにする力を』を推進でき、ミッションを実現するために3つのバリュー「外向き」「自分ゴト化」「成長マインド」を体現できる学生を採用するということです。
そんな挑戦と変革が出来る学生を採用して、パーソルキャリアは多様な意見を吸収して画期的な組織に成長していくことが目標になります。

現在の採用体制についても教えてください。

スカウトの送付や面接を行うリクルーターが20人に満たないぐらいの人数いまして、それに加え、企画やシステム設定などを調整する方を合わせて計30人弱になります。
このメンバーで23卒は300人以上の学生を採用いたします。

キミスカ導入前はどのようなダイレクトリクルーティングサービスを利用しておりましたか。

23卒に関しては、dodaキャンパスとその他ダイレクトリクルーティングサービスの計2つを利用していました。ダイレクトリクルーティングは個別採用が出来、成果も悪くなかったのですが、個々で対応するからこそ工数がかかってしまい、そこが1つ悩みでした。

キミスカ導入前の課題について教えてください。

3つほどあります。
まずは認知度です。弊社サービスである「doda」は知名度があるものの、「doda=パーソルキャリア」とサービス名と社名があまり結びついていないことが多く、ここが1つ課題です。
2つ目はエントリー数の確保です。早期化する今、採用時に利用するチャネルも増えており、結果ナビサイトだけではこれまで通りのエントリー数を獲得しづらいです。そのため採用側も1つの媒体に捉われず、様々なチャネルを使用する必要があります。
3つ目は移行率です。移行率とは、例えばイベントにはエントリーして、その後の選考にも参加する割合のことを指しているのですが、採用目標を達成するためにはここの数値をもっと上げていきたいと思っています。そのため面接対策など選考には直結しないイベントを実施して、パーソルキャリアが忘れられないように対策してはいるものの、なかなか移行率を伸ばせずにいます。
移行率の上昇するための対策の1つとして、学生への個別の対応が効果的だと考えています。ただ個別対応を行うと工数がかかってしまい、またなかなか人事の時間が割けず実施できないなどの現状があり、どうにか出来ないかと考えておりました。そんな時にキミスカに出会ったのです。

活用事例 パーソルキャリア

キミスカは検索軸の幅も広く学生数も多いので、ビジネス職の新卒採用に最適

キミスカ導入に至ったきっかけを教えてください。

ターゲット学生に出会えるかつ工数削減を実現できると感じたからです。
キミスカは検索軸が豊富で、例えば適性検査内の項目で絞れたり、過去の経歴をフリーワードによって検索できます。そのため会いたい学生を効率よく見つけることが出来るのです。また検索の組み合わせから、ベースとなるスカウト文を作成できるので、スカウト送付の工数が格段と減ります。そのため、学生との時間が取りやすくなり、結果出会えたはずの良い学生に会えない、という機会損失をなくすことができるので、これは是非と考え、導入に至りました。

キミスカに期待していることを教えてください。

学生への興味度にあわせて、3種類のスカウトの使い分けによる開封率の上昇です。最上位のゴールドスカウトを送付することで、学生に企業側の熱度を伝えることができ、学生にも熱意を汲み取っていただきやすいので、スカウト開封率の上昇がしやすいと考えております。
またキミスカは採用人数に合わせてスカウトが付与され、シミュレーションも作成してくれるので、推定エントリー数が分かり、月ごとに送るべきスカウト数が明確になるので予め人事の工数と費用対効果が分かりやすく、今後の新卒採用がやりやすいのではと思っております。

キミスカと他社サービスの使い分け方を教えてください。

キミスカはビジネス職の採用で使っていきます。学生数が多く、検索軸の幅も広いので、学生の志向性が分かりやすいです。また希少性の高い学生もフリーワードを駆使して効率よく見つけられるので、上手く使っていきたいです。

キミスカを使ってみてのご感想はいかがでしょうか。

学生が書かれたプロフィールが他社に比べて丁寧に書いてあり、なおかつ他の方との違いを明確に書いているので、とても参考にしやすいです。
また設問もガクチカや自己PRといった抽象的なものだけではないので、プロフィールから学生のことをより知ることが出来ます。

活用事例 パーソルキャリア

ダイレクトリクルーティングで「初回接点」を行い、採用成功を実現

今後力を入れてきたいことを教えてください。

キミスカを使って工数削減していくと同時に、パーソルキャリアの認知度を拡大していきたいです。また弊社の選考時に学生から「パーソルキャリアさんの選考に参加したことで、自己分析が深まった」と嬉しいお言葉をよく頂きます。弊社のミッション『人々に「はたらく」を自分のものにする力を』を採用の現場でも推進し、ゆくゆくはパーソルキャリアを通して社会全体を良くしていけたらと思います。

さいごに、導入を検討している企業様にメッセージを頂ければと思います。

キミスカは様々な良い機能がありますが、全体を通して大変ユーザビリティの高いサービスとなっています。また自動返信機能などにより人事の工数削減が可能で、他にも企業情報や魅力を記載することができ、余すことなく学生に企業アピールをすることが出来ます。採用成功を実現する上では「初回接点」が重要な今、ダイレクトリクルーティングは大変効果的なツールだと思います。良かったら皆様もご検討してみてください。

キミスカを通して採用成功を実現して頂ければ嬉しいです。
本日は素敵なお話しありがとうございました!

社名 パーソルキャリア株式会社
事業内容 人材紹介サービス、求人メディアの運営、転職・就職支援、採用・経営支援、副業・兼業・フリーランス支援サービスの提供
設立 1989年6月15日
従業員数 4,538名(有期社員含む グループ会社出向中の者は除く 2022年3月1日時点)
URL https://www.persol-career.co.jp/