地方学生を採るためにすべき事とダイレクトリクルーティングにできること

 

約3割いる地方大学生。

現在でも有効求人倍率は高く、学生の量的・質的担保のためには、より広範囲のエリアから学生を集めていきたいところ。
加え、定員割れが増えている地方大学の"企業努力"により、人格育成・専門性強化など、ヒューマンスキル面・実務面においても「新興の有力校」が増えてきています。

本資料では、彼ら・彼女ら魅力ある地方学生との接触から採用に至るまでの事例を挙げ、ダイレクトリクルーティングという手法で実現するためのヒントを考察していきます。  

目次

  • 地方大学生の考察
  • 2社の採用事例から読み取る