ナビサイト以外で新卒採用を成功させる方法

こんな方にオススメ

  • ナビサイトでの採用に課題を感じている
  • 企業の知名度が原因で採用が思うように進まない
  • 業界の人気度が原因で採用が思うように進まない
  • 学生の質を判断する面接などに、工数コストが掛かりすぎる

PDFでダウンロード

就活生の情報収集は、ナビサイトよりも「SNS」が多い

情報収集方法が多様化することで、就活生の価値観や就活スタイルにも大きな変容が起こっていることが2021年の調査からわかっています。

以下は本PDFの一部抜粋となります。

就活生の情報収集スタイル円グラフ

上記のように、これまでのような認識で採用を行っていると大きなギャップが生まれます。これからの採用で重要なのは、就活生の新しい価値観にフィットした採用形式を、自社の目的とマッチした形で採択していくことになっていきます。

ナビサイトを使わない採用事例も!?

新卒採用をナビサイトを使わずに行っている企業も現れ始めています。資料では、実際にナビサイト以外の方法のみで採用を成功させた企業を紹介しています。

ナビサイトを使わない採用事例

  •  

ナビサイトでの採用に対して、「名前が有名ではない弊社では、会社説明会を開催しても年間 60 ⼈ぐらいしか来ないこと」もあったと語っていますが、現在では採用方法の見直しで費用対効果の改善を実現しています。

本資料では、

  • ナビサイト以外で採用を成功させる方法
  • 変化した学生の就活スタイル

といった実践的な情報を、解説、紹介しています。無料でダウンロードできますので、ぜひ貴社の採用にお役立てください。

PDFでダウンロード

目次

  • 情報収集の多様化
  • ナビサイトのみで採用を今後も続けていくべきか?
  • 業界の人気・不人気だけで採用の成功は決まるのか?
  • ナビサイトを使わずに採用活動を行うには?