【新卒版_採用ペルソナ①】採用ペルソナはなぜ必要か?その具体例

 

ペルソナ設定とは、端的にいえば架空の顧客像を設定すること。 つまり、一人の架空の人物を想定し、そのプロフィールを、行動や価値観、ライフスタイルなど、かなり詳細に設定していくことです。 もともとは、製品デザインやソフトウェア開発の領域で、顧客像を詳細に想定して担当者間で共有し、その人物像への理解を深めることでマーケティング方針を統一する手法として導入されていました。 ペルソナ設定が一般化するまでは、例えば「 30 代の主婦」のような、“層”のターゲットを絞った広告施策しかできませんでしたが、インターネットの進化により、ターゲットを絞ることで有効なマーケティング施策を行える時代とないました。 採用の市場においても、ターゲットをより明確化させることで、有効な求人広告の内容を決めたり、求人媒体の策定、採用活動の時期を決めたりなど、採用戦略を練る上で重要視されつつあります。

目次

  • そもそもペルソナって?
  • 新卒採用でペルソナを固めるメリット解説
  • 採用広告の打ち出し方が明確になる
  • 採用媒体の選定がしやすくなる
  • 選考の「歩留り」を良く出来る
  • 内定承諾数を上げることが出来る